カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年04月18日 (火)

西大寺に行こう。。。

 いよいよ明日から名古屋原原、大阪原原のスタートです。いずれも大幅メンバー増なんでまたまたユニークな人たちと邂逅できるんだろな、と楽しみにしとります。よろしくね。

 一日早く、今日から京都入りです。明日は夕刻から名古屋入り。で、大阪、翌日、ハマに戻って、土曜は新潟・・・月末は弘前に盛岡。まあ、昔は世界中あちこち移動してましたからね。キャラパンは得意ですよ。


 日本橋の三越本店に行く時はいつも地下道を歩くんですけどね。今日は表。天気がいいからではなく、JR神田駅で降りたから。地下鉄ならそのまま地下道ですもん。

 そのおかげで見つけた、つうか、思い出したわけ。

 あっ、西大寺展、今日からじゃん。

 そうそう、これ、パンフどこで見たのかなあ。表参道駅の構内か大阪か、もしかすると京都駅? とにかく行かなくちゃと思ってたわけ。ふと横向いたら、あのときのパンフが貼られてるわけ。まあ、今日から開催だから、近々、思い出したかもしれんけどさ。


「奈良西大寺展 叡尊と一門の名宝」(於:三井記念美術館)

 当時は東大寺と並ぶ大伽藍。孝謙上皇(のちの称徳天皇)が創建したお寺ですよ。

 南都七大寺の1つね。創建1250年記念の展覧会だとか。西大寺に伝わる仏像、彫刻、絵画、そして密教法具など名宝の数々。元興寺と浄瑠璃寺、それに白毫寺の仏像等々がずらり。

 見物は「愛染明王坐像」に「文殊菩薩坐像」「普賢菩薩騎象像」・・・。元興寺からは聖徳太子立像=孝養像も来てますからね。ほかにも金沢文庫の称名寺とか鎌倉の極楽寺からも出展されてます。

 極楽寺なんてめったにオープンしないからね。

 今回のイベントは西大寺。再建したのは鎌倉時代の叡尊ですよ。真言律宗ですね。この人の彫像も展示されてますし、この人の弟子が忍性です。鎌倉極楽寺の開山ですね。

 この人、知ってるな。ご尊顔は特徴あり過ぎでして。私の知人にくりそなの。サザエさんにも出てきますよ。色の黒い人。オバマじゃありませんよ。くりそな人、もちろんね。

 どんな顔? う〜ん、やっぱ見たいよね。


偉いお坊さんですよ、この人は。日蓮と大喧嘩してますけど。

 忍性のこと、なんで覚えてるつうと、極楽寺によく行くからではありません。小さな小さな小さなお寺です。紫陽花なら隣のお寺さんのほうが有名だもの。
 忍性の映画観てるからです。空海とか道元という大作ではありませんけど、いい映画でしたよ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「DT」(みうら じゅん・伊集院光著・605円・角川書店)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年04月17日 (月)

靖国・六義園の桜はもう終わりだな。。。

 桜咲く、桜散る。咲くも一瞬、散るも一瞬。万葉の世界は萩の花ですけど、武士社会が幅を利かせるようになると、花と言えば桜になったのもわかるような気がしますね。

 さて、今日は靖国会館で勉強会。靖国といえば、3月はいつも開花予想で注目される処でもあります。

♪花は咲いたかー 桜はーまだかいな、ゆうてね。


あるこたある。けど、もう終わりですな。また来年ですな。


まずはおまいり。

 続いては崇敬奉賛会にほんの少しだけど寄付のまねごと。神社は平成31年(2019年)に御創立150年だかんね。それにしても、昇殿参拝希望者がたくさん。とはいっても、参集殿の3分の1くらい。間に合いそうだけど、次にしょ。


インドのバル判事。

 マッカーサーもオーストラリアのウェブ裁判長もこの人には振り回されたでしょうね。つうか、一番困ったのはイギリスでしょうね。けど、法律的に正しいのはこの人とオランブのレーリンク判事くらいでしょ。本国の意向を無視して法律家として筋を通したわけでね。

 空気読まないヤツら。「ソ連とオランダに日本を裁く資格などない!」と言ってたわけですから。

 アメリカの遠謀深慮についてはインディアン殺しから有名ですけど、ロシアの場合はえげつないつうか、粗野つうか、がさつつうか、あまりにも動物で欲望を隠すことなくむき出しにするわけでね。そのえげつなさはたいしたものです。

 で、ソ連は1945年8月8日に対日宣戦布告。勝利国のバスに乗り遅れたら戦利品がもらえない、つうエゴ丸出し。で、脳軟化症のルーズベルトを騙して千島樺太を盗んだ火事場泥棒。基本、北方領土も戦争で奪い取るのが筋ですけど、なにも殺し合いをするこたない。「経済戦争」に勝てばいいわけでね。

 で、レッツゴーダッチ、ダッチオーブン、ダッチワイフで知られるオランダですけど、この国も対日宣戦布告をしとるんよ。1941年12月8日。

「ソ連対日参戦は自衛行為、オランダ宣戦布告も自衛行為だとするなら、日本の戦争も自衛行為となる。日本だけがパリ不戦条約違反だと訴追するのは無理。日本を条約違反、侵略とするなら、ソ連もオランダも同じだ」と主張したのがパル判事なのね。

 いまとなっては、真珠湾攻撃の半年も前に、ルーズベルトが米軍戦闘機500機を空軍パイロットごと中国国民党政府に送り込んで、日本をせっせと攻撃してたことは常識ですけどね。それを知ってたら、パル判事はどう思うか。

 東京裁判は法律家ではなく政治家によって進められたものですな。想像以上に時間がかかったのはまともに法律家が3人紛れ込んでたからでしょう。

 故郷を 遠くはなれて いくさ人 花のさかりも しらずやあるらむ 明治天皇御製


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「悩むが花 人生なんてわからぬことだらけで死んでしまう、それでいい」(伊集院静著・583縁・文藝春秋)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年04月16日 (日)

鎌倉の桜はまだ大丈夫ぃ。。。

 朝から中野のスタジオで編集作業。教材づくりですよ。

 なんたって、この水曜から名古屋、大阪。1日あけて土曜から新潟が始まるからです。そうっす、原理原則研究会がスタートするんです。

 講義で使う映像教材を朝もハヨから編集するわけ。

 次期原原はメンバーがドーンと増殖。嬉しいなあ。。。新メンバーがどっさりいらっしゃいますんで楽しみです。

 「縁」てのはワクワクしますね。いったいどこに運ばれるんだろう。大きな期待と小さな不安がないまぜになっとりましてね。昔から新しい出会いが好きでしたねえ。だから、転職、独立もワクワク期待感だけ。不安感なんてものは一切なかったなあ。。。

 いま振り返ると(途中経過ですけど)、自分の運に絶対の自信みたいなもんがあったんでしょうね。もちろん根拠レスの思い込みなんですけどね。守護霊つうか指導霊がいろことはわかってますからね。

 だから失敗とかトラブルがあると安心する。だって、超えたら必ず新しい視界が広がってますもん。だからワクワクしかないわけでね。

 さて、昼過ぎには完了。奇跡的に早い。こんなに早く終わるとは思いませんでしたねえ。近くの茶店からコーヒーデリしても時間たっぷり。どうすっかなあ。。。うんうん床屋さん。少しでも伸びるとすぐ床屋さん。子供の頃からイライラしちゃうのよ。耳につくともうダメ。痒くて痒くて。

 で、中野・新宿・湘南新宿ライン。鎌倉。なんと1時間で到着。早いっす。電車移動大好きなのよ。本読めますからね。だから
読書するためだけに電車に乗ることもしょっちゃう。

 中野で予約したけどまだ1時間もある。どうせ茶店は観光客で混み混みですからね、八幡様におまいり。今日は三の鳥居から参道通っていきまひょ。

 やっぱ、鎌倉は落ち着きますな。観光客でワイガヤでもまったく聞こえない。つうか、いい雑音になってるのよね。かえって集中できます。

 そうか、紫陽花の季節が近づいてるんだね。快晴なんで気づきませんでしたけど。紫陽花の頃にはさらに膨れあがります。桜詣ででふくれる京都みたいなもんやね。 

 紫陽花ツアーより根津で躑躅ツアーのほうがいいかなあ。都内でいっちゃん有名な焼肉屋で打ち上げとかね。紫陽花はその後でもええねん。逆はできんけど。で、毎度毎度の由比ヶ浜で打ち上げ。静かですよー。あっこは。時間が止まります。遠くに海が見えます。座敷がええんだよなあ。バーもあるしぃ。


外国人ばっか。欧米もアジアもたくさん。

まだ桜は散りませんな。

 意外に伸びてたつうか、もっさりしてたつう、そうとうカットしましたよ。おかげで頭が軽い軽い。洗髪時に実感しますわな。

 さあて、これから関内だ。大阪原原のメンバーがわざわざ来られるとか。ま、関内で用があるからわざわざでもないか。ま、ゴチになります! あんがと!

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年04月15日 (土)

雑談の神様になろう!読書はやっぱり教養の宝庫だよね。。。

 「原理原則研究会」「ぴよこちゃん倶楽部」とは比較になりませんけど、ブログよりも圧倒的に密で、深く、価値あるインテリジェンスをお届けしています。

 テレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。。。

●「読む!通勤快読」「聴く!通勤快読」の内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

 「音声で聴いてる時間がない」「カード決済が嫌。コンビニ振込ならいいんだけど」「安いほうがいい」「感想も届けたい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。政治も経済、投資についても参考になります!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 そのほかにもたくさんのご感想ご意見が寄せられています。
 どんな内容か、まずはサンプルをご覧頂けると幸いです。
 メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読 宅配便」をよろしくお願いいたします。

 ま、面白ければそれでいいっしょ。人生どんだけ楽しめたかで決まるわけでね。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年04月14日 (金)

GBU43Bで勝負あった。。。

 ま、いままで書いた通りに進んでますな。遅れてるのは邦人保護以前の「韓国渡航禁止」のおふれ。

「旅行会社に打撃があるから」
「ゴールデンウイーク前だし、空振りだと非難されるしのー」

 違うのよ。「渡航禁止」と政府が決めたら、それは即、「米軍攻撃開始のサイン」ということです。だから出せません。政府はトランプから伝えられても発表できません。「直前に知らされた」で通すと思う。

 だから、自己責任で判断しないと。いつもいつも政府が教えてくれると甘えとったらあかんわな。平和ボケしとったらあかん。

 可哀想なのは赴任しとるビジネスパースン(ご家族も含めて)ですよ。まともな会社ならアンダーグラウンドで情報が伝わり、帰国の途に着かせるはず。10万人が滞在しとるんやからね。

 さて、まずは3つだけご案内しておきましょう。

 1つめ。習近平に北を止める力はありません。

 金正恩は中国を訪問したことないの。習近平も同じ。この人、バククネさんを優先してたから。中国の代理人張成沢を殺されてますからね。以来、北京は北朝鮮と絶縁。
 いまでも北に援助交際しとるんは北京やのうて瀋陽軍区(習近平の政敵=張徳江=序列3位が支配)だもんね。だから、習近平に嫌われたって痛くも痒くもない。


腐っても首領様。習近平の下とは考えてませんよ。ここが韓国と根本的に違うとこ。

「朝鮮」は南北で民族も文化、民度もぜんぜん違うの。北は大高句麗国の末裔なんやから。
 
 2つめ。習近平にとって米軍の北攻撃はウエルカム。

 習近平は軍を掌握するために7軍区を5戦区へと再編成したけど、中国随一のパワフル軍団=瀋陽軍区に抵抗され、逆に北部戦区として覇権を広げられちゃう大失態。こうなったら、トランプに北朝鮮と北部戦区の北北コンビを痛めつけてもらいたい、と願ってるはず。

 習近平にできることは石炭船を追い返すことぐらい。トランプは先刻承知。「できるならやってみなはれ」と冷たく言い放ったと思うね。

 北朝鮮半島非核化のキーは中国よりロシアなんだよね。



 3つめ。後方支援の枠を超えて自衛隊が動きます。合同攻撃は瞬殺で終了。

 F35Bステルス戦闘機が韓半島から北朝鮮領空を偵察したけど、北はまったく気づかない。最新鋭ですからレーダーに映らないの。中ロでもムリ。岩国基地にもすでに配備されてますし、自衛隊は今年16機態勢になります。



 さて未明に、米空軍はアフガンIS相手に「GBU43B」を投下しましたね。これ、爆風でトンネルを貫通させて破壊する爆弾ですけど、核兵器一歩手前の破壊レベルです。今回お初ですけど、もち、北へのデモンストレーションですよ。

 北は38度線に陸軍そしてトンネルにはミサイル等を隠してますが、ほぼ核兵器レベル爆弾を38度線に沿って撃ち込まれたらどうなるんでしょ? もち、平壌も的にかけてるはずです。明日15日は金日成の生誕105周年だとか。で。この日になんかやるつう噂ですけど、その前にトランプが「祝砲」を撃ち込んだことになります。

 欲しがりません勝つまでは! 撃ちてし止まん! 2500万玉砕!

 国体が担保されるなら白旗でしょうけど、調整できるヤツはいませんわな。ならばどうなるか? 身内に裏切られるんちゃう?
 
 勝負あった・・・でしょ。ソウルは火の海にならんで済むかも。御礼はトランプではなく安倍さんにせなあかん。まあ、わかっとるんは大頭領代行だけやろな。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「在日特権と犯罪」(坂東忠信著・1,296円・青林堂)です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2017年04月13日 (木)

仕事覚えるより大切なこと。。。

 ようやく脱稿。正味3日間だったなあ。つうのも、元もと、原稿は2年前に渡してたから。この間、ほかの企画が進んじゃって後回し。
 となりますと、古い内容はカット。で、新原稿を入れる。150頁は新原稿。トータル280頁もありそうです。編集者に削ってもらつたほうがええわな。こんなに多いとストレスかかりますから。

 どうするか? 2冊にしちゃえばいいわけ。手練れならばそう思いつくはず。20年以上付き合ってるからね。あうんの呼吸でしょうな。

 テーマは「数字」なんだけどさ。経営者、ビジネスパースンだけでなく、投資家が読んでも役立つ内容になってるんだけど、幅広げ過ぎかも。やっぱ分冊だわな。


 そうそう、先週土曜日は「ぴよこちゃん倶楽部」直前に新潟日報のIさんからインタビュー。場所は帝国ホテル。ここは楽だからねえ。都内ならいつもここ。

 で、4月だから新人向けの企画があるらしくてね、いろいろ、必要なスキルとか仕事術についてお話しましたけど、まず大切なことは次のことなんだよなあ。

「新人は早く実力をつけて戦力になりたい、貢献したい、と焦る必要はありません。いまのいまは、優先順位の筆頭は「エンプロイアビリティ」です。平たく言うと、仲間に入れてあげよう、と周囲の人たちから受け容れてもらえる能力のことです。
 個を磨いても、それはチームのため。この基本の基本を忘れるとダイナミックな仕事はできません」

「ついつい手助けしてあげたくなるキャラの人っていますよね。他部門からも、あいつならしょうがないな、助けてやるか、と可愛がられるキャラの人いますよね。まずは周囲から可愛がられる人になってください」

「女は愛嬌とゆうけど、男も愛嬌なんや」と幸之助さんはよく言ってました。たしかに有権者から1票入れてもらえるかどうか。立派な学歴、毛並み、容姿等がモノを言うことはあるでしょう。けど、最後の最後、いや最初の最初に潜在意識が決めることは「応援したくなる人かどうか」なんです。

 なんとなく信頼できそう、なんとなく誠実そう、なんとなくかわいげがある・・・「なんとなく」が人を動かすんです。数値には表れませんよ。けど、人は生きてきた時間、経験した数だけ、キャリアを積んできてるわけでね。直感力を身につけてるんですよ。この直感力が「なんとなく」を決めるわけ。その判断基準は「愛嬌」なのよね。

 人間はおもしろいよね。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「はじめての人のための 3000円投資生活」(横山光昭著・1,188円・アスコム)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2017年04月12日 (水)

さあ来週から新オープンです。。。


すぐ戻すと思うけどさ。金価格独歩高。けど円高だかんね。東芝にも振り回されてるし。10万人同胞の韓国出国ラッシュはあっても報道規制すると思うよ。よく選挙なんぞやってられるわな。


 ただいま版元より連絡がありました。電子書籍ストアBookwalker「新入社員オススメ書籍フェア」で『「朝4時起き」の超習慣術』ほか、私の著書50数冊が選出されたとのこと。かなりの割引キャンペーンで販売されています。


 いよいよ名古屋、大阪、新潟で始まります。「いまから入れますか?」とメールがありました。はい大丈夫ぃ。〆切は今週末です。代理出席あり、全国どの原原にも参加できます。ビジネスだけでなく、政治経済、投資に関する「ここだけの話」も満載です。。。

 変わらなくても満足してるならあえて参加する必要はないけど。よりよく変わりたいと願うなら仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われませんよ。つうか、変われたらおかしいでしょ。1年後、「ぜんぜん変わらない」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。


途中でも質問が飛んできます。


こんな感じでやってます。

■テーマとスケジュールは左記のご案内をご確認ください。

□映像をたっぷり駆使した、よりわかりやすく感動的な講義です。パワポを100枚程度使います。使用データは毎回PDFで差し上げます。
□毎回15〜30分、直近の政治経済解説をちゃちゃっとしてから講義に入ります。2次会では講義内容に関係なくな〜んでもご質問ください。メンバー同士仲良くなれますのでぜひご参加下さい(割り勘)。
□視察・体験イベント(オプションで開催する「日本伝統文化研究会」による体感ツアー(1泊2日〜2泊3日)は自由参加です)。
 いままで「出雲神在月パワースポットツアー」のほか、「京都怨霊&祇園舞妓Haaa〜nツアー」「新潟古町鍋茶屋・行形亭&芸妓&佐渡島ツアー」「八戸三社祀り&恐山いたこ&青森ねぶたツアー」「東北奥入瀬紅葉ツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「小樽余市ツアー」「金沢白山・闇笛グルメツアー」「能登一周・加賀屋探訪ツアー」「越中おわら風の盆・立山黒部ツアー」「新潟小千谷市片貝花火大会と神社巡りツアー」「タイバンコク・アユタヤ歴史探訪ツアー」等々を開催しました。
□「シャンソン部会」「ゴルフ部会」が頻繁に開催されています。

※年間会員制のためメンバー募集は年1回今回限りです。途中入会はありません。原原メンバーは全国のいずれの原理原則研究会にも参加できます(もち無料)。軒並み参加して特別講義を堪能しているメンバーも少なくありません。2次会が美味しいとこばかりでこれも魅力なのよ。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「第4次産業革命! 日本経済をこう変える」(竹中平蔵著・914円・PHP)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2017年04月11日 (火)

99%の人が知らない1%の大切な真実。。。

 ただいま版元より連絡がありました。電子書籍ストアBookwalker「新入社員オススメ書籍フェア」で『「朝4時起き」の超習慣術』ほか、私の著書50数冊が選出されたとのこと。かなりの割引キャンペーンで販売されています。


 忘れないうちに・・・「アマゾンキンドル」POD部門でただいま3位、つう報告が版元からありました。

トランポノミクスの影響から、金正男暗殺の真相、金正恩の運命、そして北朝鮮と韓国、アメリカとの戦争、中国の近接未来までカバーしております。




 トランプはツイてる男ですな。つうか、機を見るに敏。このセンスはやはり商売人。官僚上がりにはムリでしょう。

 日本のメディアではただいま「米軍のシリア攻撃」と「米軍の北朝鮮圧力」が話題となっとりまして、籠池問題は吹っ飛びました。野党も人徳がないのか、レンポーさんが騒げば騒ぐほど支持率が落ちちゃう。「もう帰ろうよ」と登場早々ボケる漫才みたいになってきました。

 さて、この2つはもち連動してます。シナリオはこうです。シリア攻撃させたいのは軍産複合体。アサド政権を支援するロシアと、トランプをガチンコ状態にしたいから。



 で、トランプは役者やのー。それにのりました。しかも米中会談の夕食会にぶつけたわけね。

「ところでさ」
「なんですか、ブレジデント?」
「シリアにトマホーク撃ち込んどいたでー」
「・・・いつですか?」
「あんさんがスープ飲んどる時やー」 
「・・・」

 習近平は悟りましたよ。トマホーク59発は国連でシリア非難をした翌日ですから。「さっさとやらんかい! ぐずぐずしとったらわいのほうからタマとりにいくでー」とね。北朝鮮に手を出せない習近平としては前門の豚、後門の熊。いままでオバマ相手にサボタージュしとったんが、ここにきてようやく目覚めたと思います。

 さて、シリアの化学兵器ですけど、これ、米軍のですよ。どうしてアサドが持ってるわけ? ブッシュ時代、イラク戦争で使おうと米軍が持ち出したもの。そのほかの最新武器もせっせとISに渡してたわけでしょ。オバマ政権で国務長官してたヒラリーが。
 ベンガジで外交官4人がアルカイダ系テロリストに殺されました。あんなとこ、ヒラリーが行かせたんでしょ。すべてメールでやりとりしてたからFBIは公表できない。テロ事件の後、ヒラリーはさっさと辞任。選挙中に暴露されそうになったけど裏切らない限り大丈夫。


テレビのコメンテーターは致命的に勉強不足。バノンは失脚したわけでもないし。委員でも元もと出席してないし。フリンのお目付だからいなくなりゃお役ご免。

 イラクでもそうでした。大量破壊兵器。どこにありました? 結局、ないということだけが判明しました。アラブを民主化したフセインは処刑されました。ドル安泰。
 化学兵器云々は以前も反アサド政府軍が使用してます。ロシアは4年前から一貫してそう主張してました。

 トランプとしてはどうでもええ。化学兵器がだれのものかも知ってます。けど、ここはネオコンの軍産複合体に騙されてやる。しかし的はシリアではなく北朝鮮。つうか、中国。なぜなら、安倍首相のリクエストだから。
 59発、見事に外しました。かなりの命中度でなければかえってできない芸当です。Auですよ。「すごい、全部間違ってる」ゆうてね。

 トランプにとっては「攻撃した」という事実だけでええわけ。プーチンもアサドも先刻承知。一応、形だけはトランプに非難声明出しますけど、「やらせ」だかんね。

 あくまでも的は北朝鮮。もち、背後にいる中国が本命。北なんて米軍ではもう終わってます。蹴散らしたら自然崩壊します。「後片付け」は中国がやれよ、つうてね。
 飛び道具のない北朝鮮なんてね。化学兵器の手榴弾でテロするかもしれんけど、その前に金一家は排除。金王朝崩壊。あとは米中のイエスマンが新政権を立ててアメリカ相手にテロるヤツは国内で排除。

 攻撃する前に、在韓米人も邦人も出国します。中国も北との間にかかる橋という橋をすべて自爆します。「米軍のしわざだ」とウソついてね。北の難民を射殺したいけど衛星写真で世界中に配信されちゃうからできません。だから渡らせない。

「難民は日本海を渡ってくる」なんてバカなこと言ってる人いますけど、日本海は荒海でしてドーバー海峡とはちゃうねん。年に数回だけチャンスがありますけど、よっぽどの水主でなければムリ。

 北朝鮮を韓国に統一させようなんてトランプはさらさら考えてません。東西ドイツ統一は西ドイツだからできたこと。韓国には永遠にムリです。日本と中国が手伝えばできるけど、どちらもしません。永遠に反目しあう状態にしておく。反日が続くようにね。

 実は、日本は半島と大陸が反日状態にあるほうがいいんです。親日になったら怖い怖いアメリカが嫉妬して、なにするかわかりませんから。

 世界中でダントツのならず者はアメリカですからね。こいつらを本気にさせたらダメ。その点、安倍さんはバツグンの距離感をとってます。

 ここらへんの話が上の本に詳しく書きました。ま、注意しなくちゃ。行方不明になったら半島、大陸、アメリカのどれかですよ。サーバーが破壊されたのもこのどれかだと思うな。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「 折れる力」(吉田照幸著・864円・SBクリエイティブ)です。

カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2017年04月10日 (月)

SINGIN’ IN THE RAIN♪

 ジーン・ケリーが雨の中で歌って踊るあの作品・・・『雨に唄えば』。思わずハミングした人も少なくないと思います。

 ハリウッド映画がサイレントからトーキーへと進化する1920年代。ブロードウェイを目指す作家と俳優たち、そして映画制作者たちの舞台裏をコミカルに描いた作品です。基本、コメディですから。



 2012年。ウエスト・エンドで大成功したオリジナルキャスト再演は日本だけらしいよ。あのアダム・クーパー(ロイヤルバレエで熊川哲也さんと一緒)が特別出演。3年ぶりかなあ。


舞台に雨を降らせます。水たまりで踊りますから飛沫が飛んで大変。

 アダム・グーパーほかの出演者も、踊りながらわざと客席に飛沫を飛ばしてますからね。前席は合羽着こんで見てます(係員が濡れないように大きなビニールカバー配ってくれますけど)。

 関係者からチケ頂いてたんですけど、〆切前。しかも前日ぴよこちゃんの準備で今日だと気づいたのは朝ですからね。どうしよっかなあ、行こうか行くまいか。でも、いまさらチケ上げるにしても間に合わないしなあ。

 で、このくそ忙しい中、行ってきましたよ。正解・・・。やっぱ正解。迷ったらやめるではなくやっちゃう。それで失敗することも多いんだけど。








向かって左側がアダム・クーパー。バンフでは天海祐希さんと対談してたなあ。

 アダム・クーパーつうと、マシュー・ボーンの『スワン・レイク』(「リトル・ダンサー」)で一大旋風を巻き起こしましたよね。10年前。映画のDVDも持ってるし、劇場ミュージカルならアマゾンビデオですぐ見られます。どちらもいいです。

 今年いよいよ日本でも上演かあ。『ビリー・エリオット リトル・ダンサー』(赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場)ね。宝塚星組の元トップスター柚希礼音さんがウィルキンソン先生に扮します。タバコすぱすぱダンスの先生。才能を見抜いて反対する父親を説得し、とことん鍛え抜く先生だもんね。準主役ですよ。

 てわけで、5日間徹夜すればなんとかなるっしょ。光速回転されなくちゃ。24時間×3日=72時間かあ。頭の中ではもう過去完了なんだけどね。ほら、文字に変換して「見える化」しないと商売にならんのよ。1日1章ずつ書いて5日で脱稿した本が30万部売れたこともあったし。時間があればうまくいくつうわけでもないしね。大切なのは集中力。狂えばできます。やればできる。やらなきゃできない。とにかくなんとかする。それがプロ。。。ま、言い訳です。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「瀬島龍三と宅見勝「てんのうはん」の守り人 後編」(鬼塚英昭著・1,944円・成甲書房)です。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2017年04月09日 (日)

オーラス講義もサイコーでした。

 昨日は「ぴよこちゃん倶楽部」のオーラス講義。テーマは「トランプショックはビッグチャンス! ゼロから始めて必ず成功する不動産投資のすべて」でした。

 サイコーでしたね。目からウロコだったでしょ。チートモ知らないことばかりでした。だから、プロ中のプロに聞かないとダメなのよ。「何事も先達はあらまほしきものなり」と兼好さんもゆうてはりますやん。。。


名刺交換したり、ご著書にサインして頂くなど、フランクなゲストでしたね。年3-4回しか講演しない方なんですよ。

「不動産投資とREITはぜんぜん違いますよ。REITは日経平均株価と連動しますが不動産投資はぜんぜん動きが違います」
「暴落してから底値で買おう、と考える投資家が多いですが、これは間違いです」
「著書をたくさん書いてる不動産投資家でも、減価償却の本質を間違えている人が少なくありません」
「減価償却を目一杯やって売却の時に手痛いしっぺ返しを受ける投資家がたくさんいます」
「不況時は賃貸収入。好況時は転売収入が得られるローンと物件をモノにしてください」
 ・・・

 私も目からウロコでした。だから面白いんですよね。ああ、知らなかった、バカだった。この情報は凄い、勉強してる人は違うなあ、とショックを受けることが大好きなんです。

 やっぱこの道のプロと呼ばれる人たちは凄いですよ。そういう凄い人たちが失敗成功を通じてようやく得た「儲かるコツ」をちゃちゃっと勉強できるなんて、ありえないですよ。こういうチャンスをスルーするなんて信じられません。コスパですよ、コスパ。

「このままでいい」つう人はこのままでいいんです。余計なことはしないことです。けど、「このままでいいわけがない」つう人はチェンジしなくちゃね。

「行動」を変える? いえいえ、まずは「意識」を変えなくちゃ。運命を支配するのは「意識」です。マネーでもポジションでもありません。そんなもんは「意識」が現象となって具現化しただけにすぎません。

 世の中は、勉強(価値ある情報=インテリジェンス)した人が得して、不勉強(ノイズ情報に振り回される)な人が損することになってるんです。運命、幸運、幸福は別次元です。だって、これは主観の世界ですからね。客観の世界はそうなってます。残念ですけど。。。 

 周囲を見渡してください。納得しました?

 さて、2次会では「継続してほしい」「留年します」等々の声が殺到しましたが、残念ながら、第2期はこれで全6回修了です。お疲れ様でした。ありがとうございました。

 実は、次期「ぴよこちゃん」はこんな風にしたいな、こんなゲストをお招きしたいな、という青写真はあるんです。世界経済どうのこうのより、「私はこのやり方でこんなに儲けちゃったもんね!」「私が推奨する銘柄はこれでんねん!」・・・というような、2時間で資産が爆発する勉強会にしたいな、と考えてます。ホントにそうなるかはわからんけどね。

 けど、そうしたいなあ。「小型お宝株だけで1億円儲ける!」「10銘柄10倍株で1億円!」「優待株投資を続けて気づいたら1億円稼いでいた」「3000円投資生活」「定年後はインカムゲインで優雅に暮らす投資法」というようなテーマも盛り込みたいっすね。「とりあえず1億円」でいいじゃないっすか。すなわち「個人投資家」の目線から離れたらあかんねん。

 目からウロコも仕掛けたいしね。

 今回の不動産投資にしたって、「手元に3000万円ゲンナマがあるから始めようかな」なんて率が悪くてダメ。「ゼロ円」から始めなきゃ。リスクが大きいのでは? それが素人つうか不勉強の証拠。この意味がわからない人は「ぴよこちゃん」のメンバーに話を聞いてみてちょ。どこの原原でも何人か「ぴよこちゃん」に参加してますから。

 ま、次期「ぴよこちゃん」がリスタートすることになりましたらぜひおつきあいください。それまでは原原の「まくら」でしょうもない私の投資講義で我慢してちょ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

春の京都その7 京のユニークな書店あれこれ。
[2017年04月28日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

春の京都その6 京のグルメその2 「木屋町むつの家」
[2017年04月27日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

春の京都その5 京のグルメその1 「北山権兵衛」のそば。。。
[2017年04月26日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2017年4月  

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2月新刊をバージョンアップ。緊急出版です。金正男暗殺の真相そして金王朝の近接未来は? トランプと習近平それぞれの戦略に日本はどう立ち向かえばいいか。メディアが絶対伝えられない政治経済投資に役立つコンテンツ満載。オンデマンド版(紙の本です)。

大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本。これは電子書籍版です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!