カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2018年05月21日 (月)

「濹東綺譚」

 忘れないうちに・・・先週土曜開催の「ぴよこちゃん倶楽部」ですが、データ・速記録を午前3時半に一斉送信しています。メンバーはご確認ください。添付ではなくダウンロード方式ですから、極めてボリュームが軽量です。届いてないよ、つう方はまずはスパムメールに分類されてないかご確認ください。


 ええっと、DVDなんすけどね。「荷風になりたい」をご紹介したと思うけど、映画は山本富士子バージョンと、津川雅彦さん・墨田ユキさんバージョンがあるわけ。



 山本富士子バージョンという意味は、荷風役はどうでもいいんでしょう。あくまでもおゆきが主役なんすよね。けど、津川・墨田バージョンはあくまでも「荷風」が主役。どこまでも荷風が主役。そういう意味では「荷風になりたい」チックでいい。


墨田ユキさんは沢尻えりかさんによく似てます。もっと女優続ければよかったのにね。相も変わらずつまらんメディアが潰してしまいましたな。

 墨田ユキという女優名は「墨東のユキ」という意味なんでしょうな。

 墨東。かつての玉ノ井。いまの東向島あたりかな。

 『濹東綺譚』は朝日新聞の連載なんだよね。舞台となった玉ノ井にしても荷風が住んでいた偏奇館にしても、3月10日の東京大空襲ですべて消え失せました。荷風曰く、「万巻の書も焼き尽くされた」。

 「ぬけられます」で知られる玉ノ井は私娼街。荷風が歩いた麻布、銀座、三田、浅草、玉の井・・・。新藤兼人監督は原作に忠実ですけど、偏奇館のロケ地は鎌倉じゃないかなあ。御成町のあの屋敷じゃないか、と思うんだよね。



 好きなように生きた男。荷風のような男が生きられたんですから、日本は戦前も戦中も自由なお国柄だったんですよ。

 ああ、荷風になりたい。 


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか メディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ 後編」(高橋洋一著・1,512円・KADOKAWA)です。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2018年05月20日 (日)

「ぴよこちゃん倶楽部(第5期)」メンバーを熱烈募集します。。。

「第5期ぴよこちゃん倶楽部」そして「中島孝志の銘柄研究会」(2018年7月-11月)を開催します。ご一緒に勉強するメンバーを熱烈募集します。

 いまま23名(おまけ3回含む)のゲストをお招きしましたが、「1回で元とれたんちゃう」と確信しております。というより、「銘柄研」の最初の5分で元はとれたのではないでしょうか?
 目から鱗。やはり儲けてる投資家は違いますよ。さすがのインテリジェンスです。
 今期も独自の投資法、投資視点で儲けに儲けてる投資家たちにご登場頂きます。御用とお急ぎでない方は一緒に遊んでください。いえいえ、儲けてください。


「第5期ぴよこちゃん倶楽部」も最強布陣です。ご期待ください。

■「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」(第5期)
■統一テーマ:「100万円週3%利回りで3年後には『億り人』!(ま、『10億り人』とか『100億り人』でもいいけど)」



■スケジュール:下記の通り

□7月14日(土)=「30億稼いだ伝説の証券ディーラーが説く!日経平均値動きのルール」
※日経平均株価を指数売買。1日6000万円超の利益をはじめ、24年間でざっと30億円を稼ぎ出し、「レジェンド」と呼ばれています。日経平均株価はどう動くのか? 戦争、政争、災害、事件など、その時に見えた「日経平均のクセ」をつかめば怖いモノなし! 株式や先物からFX、仮想通貨、オプションなど、短期売買で利益をだせるすべての投資に通じるスキルです。


□8月25日(土)=「1日100万円も夢じゃない! いつでも何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資の全方法」
※年間で獲得できるIPO数は年10回も入手できれば幸運です。しかし、実は「IPOセカンダリー投資=新規公開後に自由に売買されるようになってからの投資」は値動きが大きく、スピードも急激。無秩序に動いているかに見えますが、「こういう場合は上昇確率が高い」「こういう場合は値下がりする!」と値動きが予想できたら? ボラの大きなIPOセカンダリーは「宝の山」に大変身です。実はいくつものノウハウがありますし、みなさんが思っているよりパターン化されているんです。


□9月22日(土)=「大学教授が実践する! 上昇期も下落期も勝率8割!堅実で科学的な株式投資法」
※青学のビジネススクールで解説すると何名かの学生が実践。1年分の授業料を回収できたとか。「嬉しいやら恥ずかしいやら・・・」。決算直後の増益銘柄を狙うアクティブ投資、低PBR銘柄を狙う割安株投資、安定高配当銘柄を狙うパッシブ投資。年率10--20%を確実に稼ぎ出す投資法です。


□10月13日(土)=「海外ETFはもう卒業! 置いておくだけで自然と殖やす海外銘柄投資で儲ける私の方法」
※本はまだ出してないけど、投資ブログの世界では超有名な公認会計士です。「米国ETF投資」についてセミナーを開催しようと思ってましたが、それだけではおもしろくありません。バフェット推奨のバンガードETFも整理して米国株の銘柄投資等にシフト。米国ETFを超えるリターンをかなえる投資法を解説してもらいます。


□11月17日(土)=「金利を見れば投資はうまくいく! 2019年、日本と世界の経済はこう動く」
※アメリカの利上げが続きます。金利は表面化していない景気の大転換を教えてくれます。金利を知れば投資の成功確率は格段にアップします。投資家にとってこれほど強い味方はありません。金利をもっと知っていれば失敗しません。もっと儲けられます。
 25年超もの間、運用の世界に身を置いて日々、金融市場と格闘してきたプロフェッショナルが経済と投資の世界を予測します。


■時間:午後3時〜午後5時頃(遅くとも6時には修了します)
※いずれも代理出席可能です。
※この倶楽部は中島孝志の趣味道楽ですから投資勧誘等は一切ありません。すべて自己責任です。破綻しても責任は一切負いません。1兆ドル儲けても1セントたりとも請求しませんのでよろしくです。
※投資本のベストセラー著者ばかりですが、もちろん、講義では旬のインテリジェンス、本には書けなかったことを披露して頂きます。具体的な銘柄もご指南頂きます。

 今回も出血大サービスで「中島孝志の銘柄研究会」を開催します。ゲスト講義以上に即効性があると大好評。

□「中島孝志の銘柄研究会」(2018年7月-11月)
◇開催日:「ぴよこちゃん倶楽部」と同じです。
◇時 間:午後1時〜午後2時30分。

               記
□投資関連研究会のコースと参加費:
◇「ぴよこちゃん倶楽部」:参加費194.400円(消費税込)。
◇「中島孝志の銘柄研究会」:参加費54.000円(消費税込)
◇「ぴよこちゃん倶楽部」のみの参加はできますが「銘柄研究会」のみの参加はできません。

□申込法:「ぴよこちゃん倶楽部」または「ぴよこちゃん+銘柄研究会」のいずれかをご選択頂き、お名前・お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信ください。メールにてご参加要項をお届けします。nakajima@keymannet.co.jp

□会場:「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(日比谷・内幸町、新橋駅徒歩1-5分)



◎参加者の声・・・
・「著名なゲスト講師ばかりです。人格的にも素晴らしい。これがいい」(メーカー経営)
・「最初の10分で受講料を取り戻しました。目からウロコの連続でワクワクします」(不動産会社勤務)
・「かなり知識も経験もあると思ってましたが、井の中の蛙。やっぱり凄い人は凄い。脱帽です」(個人投資家)
・「よくまあこれだけの実力講師を揃えてくれました。顔の広い中島さんにまず感謝!」(流通役員)
・「勉強になります。本業でも利用させてもらってます」(金融機関アナリスト)
・「未知の世界でしたが、これからの時代、投資センスは必須でしょうね。いい人選です」(弁護士)
・「気づいていない視座を見せてくれる勉強会です。メンバーのレベルが高い」(病院経営)
・「なんにもわからないレベルから皆さんに教えてもらってなんとかここまできました。感謝です」(主婦)
・「どんなに本を読んでも、いちばん大事なことはこういう勉強会でないと聴けないですね。ラッキーです」(金融機関管理職)・・・。

 インテリジェンスは魔法の杖ではありません。だれもが入手できる情報だけで通用します。大切なのは「読み方」です。すなわち、「分析」し、「解釈」し、「予測」し、そして「行動」に移す・・・。
 視点と視座を「凡人」と同じにしていたら永遠に勝てません。儲けている「天才」に学ぶ、勝ち続けている「天才」の方法を真似る。そのうち、あなたも「天才」の仲間入りをしている自分を発見することでしょう。

「若い時の自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。いま歳をとってみると、その通りだと知った」(オスカー・ワイルド)
「100万円の金ができれば100万円の知恵がわく。1000万円の金ができれば1000万円の知恵がわく。まずタネ銭を貯えることから始めたまえ」(大谷米太郎)
「世の中で金を取ってないやつは偽物だよ。お茶でも踊りでも、習いに行って、お金はいりませんからって言われたら、かえって信用しないよ」(立川談志)


 可能性に素直に心を開いて勉強を続ければ、必ず、運の女神は微笑んでくれます。ぜひご一緒に勉強しましょう・・・。

 黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部 代表世話人 中島孝志

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2018年05月19日 (土)

いま日本と世界は大変化、大混乱、大波乱、大混迷のまっただ中にあります。だからこそ「聴く!通勤快読」にトライしてください。

 読書というのは自分との対話ですね。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。どこまでも自分との対話、対決、勝負ということです。

 好奇心の本質とはそういうことだと思うのです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも、彼らは「無知」ではありませんでした。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんですよね。

 そうそう、物心つく頃の子供と同じです。口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタになって寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく「無関心=知ろうとしない」にあります。脳の栄養素は「刺激」です。刺激がいらなくなった瞬間、老化が始まるんでしょうな。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うのです。


●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 インテリジェンスてのはどこかで必ず繋がってるのよね。繋がりだすと、ああそういうことか、とすべてが透視できるようになります。知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2018年05月18日 (金)

いよいよ明日でオーラス。ぴよこメンバーのみなさま、お疲れ様でした!

■「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」(第4期コンテンツ)



 明日19日(土)がオーラス。あっという間でしたね。

■中島孝志の銘柄研究会=5月19日(土)午後1時〜午後2時30分。
■ぴよこちゃん倶楽部「ゲスト講義」=午後3時〜5時30分頃。

■「中島孝志の銘柄研究会」
※いつものように○○研究と、今回も注目銘柄をケースに「いつ買うか」「いつ売るか」「いつまでホールドするか」ベストタイミングを見つけるスキルを解説します。前回は「ボリバン」「ストキャス」「RSI」でしたが、今回は「大循環MACD」で分析するとどれだけ的中するか、実際にやってみましょう。



■「ぴよこちゃん倶楽部」
□テーマ=「あなたの資産が倍になる! 金融動乱に打ち勝つ常勝投資術ーーいまのうちに資産を倍増しておきなさい!」


ゲストからメールが届いてます。「中島先生、大変ご無沙汰申し上げております。諸事項、了解申し上げました。どうぞよろしくお願い申し上げます。」とのこと。完璧なテキストを用意して講義に臨みます。

※超一流のエコノミストです。政権を敵に回してスキャンダルを仕掛けられました。経済予測、投資指南の目利きは相変わらずです。意外と一押し銘柄教えてくれるんですよ。今回もご期待ください。

■会場:「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(日比谷・内幸町、新橋駅徒歩1-5分)



◎参加者の声・・・
・「著名なゲスト講師ばかりです。人格的にも素晴らしい。これがいい」(メーカー経営)
・「最初の10分で受講料を取り戻しました。目からウロコの連続でワクワクします」(不動産会社勤務)
・「かなり知識も経験もあると思ってましたが、井の中の蛙。やっぱり凄い人は凄い。脱帽です」(個人投資家)
・「よくまあこれだけの実力講師を揃えてくれました。顔の広い中島さんにまず感謝!」(流通役員)
・「勉強になります。本業でも利用させてもらってます」(金融機関アナリスト)
・「未知の世界でしたが、これからの時代、投資センスは必須でしょうね。いい人選です」(弁護士)
・「気づいていない視座を見せてくれる勉強会です。メンバーのレベルが高い」(病院経営)
・「なんにもわからないレベルから皆さんに教えてもらってなんとかここまできました。感謝です」(主婦)
・「どんなに本を読んでも、いちばん大事なことはこういう勉強会でないと聴けないですね。ラッキーです」(金融機関管理職)・・・。

 インテリジェンスは魔法の杖ではありません。だれもが入手できる情報だけで通用します。大切なのは「読み方」です。すなわち、「分析」し、「解釈」し、「予測」し、そして「行動」に移す・・・。
 視点と視座を「凡人」と同じにしていたら永遠に勝てません。儲けている「天才」に学ぶ、勝ち続けている「天才」の方法を真似る。そのうち、あなたも「天才」の仲間入りをしている自分を発見することでしょう。

「若い時の自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。いま歳をとってみると、その通りだと知った」(オスカー・ワイルド)
「100万円の金ができれば100万円の知恵がわく。1000万円の金ができれば1000万円の知恵がわく。まずタネ銭を貯えることから始めたまえ」(大谷米太郎)
「世の中で金を取ってないやつは偽物だよ。お茶でも踊りでも、習いに行って、お金はいりませんからって言われたら、かえって信用しないよ」(立川談志)


■「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」(第5期)
■統一テーマ:「100万円・週3%利回りで3年後には『億り人』!(ま、『10億り人』とか『100億り人』でもいいけど)」


「第5期ぴよこちゃん倶楽部」も最強布陣です。ご期待ください。

 「飛行機の予約があるのでスケジュールだけ早めに教えて」というご要望がありました。たしかにそうですよ。夏休みも関係なくやりますから。いまのうちに交通機関は押さえておかないとね。
 つうことで、最終部分に第5期=7月-11月までのスケをアップしておきます。

■スケジュール(ゲストとテーマは5月20日にブログでご案内します)。

□7月14日(土)
□8月25日(土)
□9月22日(土)
□10月13日(土)
□11月17日(土)
※午後3時スタートです。遅くとも午後6時には完全修了します。
※代理出席可能です。

 実はいまゲスト講師のみなさんといろいろ打ち合わせてましてね。これまでで「最強チーム」になりそうなんすよ。本はまだ出してないけど投資ブログの世界では超有名な会計士さんとか。「米国ETF投資」について1回やろうと思ってたんすけど、すべて整理して米国株の銘柄投資等にシフトされたそうです。なぜか? リターンを考えると説得力たっぷり。「米国ETF」の長短所もすべてわかります。

 今回も特別出血大サービスで「中島孝志の銘柄研究会」を開催します。ゲストの講義前1時間、貴重な投資インテリジェンスをシェアする情報交換会です。はっきり言いまして、翌営業日から即効性があると大好評です。

■「中島孝志の銘柄研究会」(2018年7月-11月)
◇開催日:「ぴよこちゃん倶楽部」と同じ日。
◇時 間:午後1時〜午後2時30分。
◇会 場:新橋ビジネスフォーラム・特別会議室
◇これも代理出席可能です。

※「ぴよこちゃん倶楽部」だけの参加はできますが「銘柄研究会」のみの参加はできません。ホント、これ、「グリコのおまけ」なのよ。
※この倶楽部は中島孝志の趣味道楽ですから投資勧誘等は一切ありません。すべて自己責任です。破綻しても責任は一切負いませんし、1兆ドル儲けても1セントたりとも請求しませんのでよろしく。

 可能性に素直に心を開いて勉強を続ければ、必ず、運の女神は微笑んでくれます。ぜひご一緒に勉強しましょう・・・。

 黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部 代表世話人 中島孝志

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年05月17日 (木)

北朝鮮のドタキャンは計画通り。。。

 16日に予定されてた「南北閣僚級会談」。北がドタキャンして、韓国は大騒ぎ。
 けど、北にしてみれば、会談を決めた時からドタキャンを計画してたわけで、「してやったり」。

 「米韓軍事演習」をキャンセル理由にあげてますけど、んなもん、なんだっていいわけでね。南大門でキムチ売ってるから止ーーめた、つう理由だってありよ。

 盛んに言い寄ってくる男がいて、甘言でのぼせあがらせといて、さあ初デートつうとき、「今日は中止」「理由は?」「自分の胸に訊いてよ」「・・・」。
 ちょいと心理学をかじったこともある人なら、「ああ、あれね」と気づくと思うな。

 文在寅チームは、「ご機嫌損ねちゃったね」「やっぱ米韓軍師演習はタブーなんだな」と自己批判。

 で、大切なのは次。

 「今度はちゃんとしよう」
 「もう少しでいけるんだから」
 「軍事演習はやめよう」
 「嫌われそうなことはもうやめよう」

 どんどん譲歩するようになります。もうエサに食いついちゃってるから止められない。。。



 金正恩は韓国の足下を見てます。中国は、中国の国益を守るために金正恩体制護持に協力するしかない。金正恩は習近平のことなど、メンツを立てときゃどうにでもなる熊猫野郎くらいにしか思ってませんよ。
 「韓国も北朝鮮・中国チームに入れようぜ」つう話が大連で具体的に出たんでしょうな。

 突き放して、相手が戸惑ってる時、
 「いや、ごめんごめん。たんなる連絡ミスですよ。明日やりましょうよ」
 「ホント? サイコー!」

 ドタキャンされて韓国は及び腰。ドタキャンしたことで、北は上から目線で有利な交渉を進められる。

 実は、昨日、ブログに書いたトランプにしたって、金正恩にはドタキャン・スタンスで臨むと思う。ドタキャンしてこその王様なんすから。

 ドタキャンできるヤツと、されるヤツ。どちらが上かわかるわなあ。

 このように、人と人を上下関係でしか見られないのが中国、朝鮮そして欧米の連中です。中朝は儒教体制。欧米は階級社会。アメリカは食い詰め者の集まりだから階級意識はないけど、最後の最後まで奴隷体制を貫いたお国柄ですから人種差別は相変わらずです。

 その点、日本はみな平等、和を尊ぶ民族。感謝と反省が大好き。ドタキャンされたら、それこそ、「なにか致らないことがあったんだろか」「もっと好きになってもらえるよう頑張ろう」と考えちゃうお人好し。

 狡猾な連中にはホントにつけ込まれ所たっぷりなのよね。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか メディアのウソに騙されるな、これが日本の真の実力だ 前編」(高橋洋一著・1,512円・KADOKAWA)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2018年05月16日 (水)

名古屋、大阪、出雲の原理原則研究会レポート

 ありがたいことに、われらがハタ坊(名古屋原原の鈴木メンバー)が先週の原原講義の「まくら」と「本講義」をFBにアップしてくれてまして。それを参考にレポしたいと思います。

 テーマは「人をつくる、人を活かす、人を動かす原理原則について語ろう」でした。

【まくら】
・米国のイラン核合意離脱の実態。
・ウラン濃縮のための遠心分離機は米国がいくらでもハッキングできる。
・経済制裁撤廃は国連が決めたもので米国は続けている。
・サウジとイスラエルはイランの核を潰して欲しいとトランプに依頼。
・イランのミサイルは北朝鮮が売っている。
・米朝会談とイラン核合意離脱は1セット。
・合意離脱後に北朝鮮は中国訪問→米国主導ではなく6か国協議に戻りたい。
・中国も利権に食い込みたいから一枚噛みたい。
・米国とロシアで北朝鮮利権を山分け。
・北朝鮮は資源豊富。ウランは世界の半分、金も豊富。金採掘の副産物コバルト(EV素材)も豊富。
・ダウ上昇理由。
・バフェットがアップル株(ダウ構成率4.5%)を7500万株追加で買い占め。
・核合意破棄で防衛株ボーイング(ダウ構成率9.5%)、ユナイテッド・テクノロジーズ(ダウ構成率3.6%)が上昇。
・トランプとアップルのバーター取引。
・アメリカに資金還流(レパトリ減税)。中国スマホを米軍は締め出し。
・トランプ政策→財務省が債券発行→LIBOR急騰→FFレートをさらに上げる→利上げは4回になる。
・為替のステージが変わる。円高株高。早ければ6月から。遅くとも9月。金利のプロも9月から転換予想。
・日本は内需国家(輸出依存度は11〜14%)
・韓国は輸出依存国→ウォン高になると経済が止まる
・武田薬品、ブロンコビリー、すかいらーくの株価研究。
・インカムゲインとキャピタルゲイン。
・・・などなど。



【本講義】人をつくる、人を活かす、人を動かす原理原則について語ろう!
・「ローマの休日」とフランケンシュタイン」の共通テーマ
・自分の思うように人をつくる。
・人は自分が思ったような人にしかなれない。
・リーダーに必須の表現能力。
・リーダーのための心理学。
・個性は他人が見つけてくれるもの。
・leaderとmanagerの違い ノーマン・シュワルツコフ
・事例研究1オリエンタルランドのモチベーション経営
・事例研究2キリンビールの営業術
・やる気、感動、好きなことは教えられない。
・刺激を継続的、計画的、積極的に与え続ける。
・努力→遊び。夢中で遊んでいるから止められない、創意工夫できる。
・努力しても失敗する。
・努力は「掛け捨て保険」。
・能力×やる気=成果 
・能力満点×やる気零点→宝の持ち腐れ→スピンアウトの勧め
・能力零点×やる気満点→大器晩成→優秀なleaderやmanager候補。
・最強のモチベーションとは?
1好きで好きでたまらない(自己満足)
2仕事とともに成長している実感(自己成長)
3認められている(自己存在感→仲間意識)
4お役に立っている(自己重視、社会性)
・居場所をつくる=勤め人でも一国一城の主感覚
・使命感は経営者がもて。部下や従業員に強要するな。
・部下は好きで好きでたまらないが重要。
・売上高(ご奉仕高)、利益(付加価値高)、赤字(殺生高)
・事例研究3 村山聖(棋士)
・遊び(仕事)とは→人生棒に振っても後悔しないもの、だから瞬間瞬間目いっぱい遊ぶ。
・あるキャリアウーマンの死(『立派な死』・正木晃著)
・事例研究4 スティーブ・ジョブズ名言集
・自信とはなにか? 自分への信仰のこと。
・リーダーの仕事とは?
1目標を設定させる
2天才、才能を評価する
3邪魔をしない(教えすぎない)
4達成感、成功体験を味わわせる
5気づかせる
6刺激を与える
7自己実現をサポートする
8とことん待つ(時間がかかる)
・事例研究5 松下幸之助
・リーダーとは方向指示器付きお茶くみ業。
・事例研究6 松本晃さんの経営(前カルビー会長)
 ・経営者とは・圧倒的な実績・理論・人徳
・リー・クァンユー「国家経営ができる人材に必須の要件」
1分析力(自他のトレンド、マーケットなど)
2想像力(グランドデザイン=「この国のかたち」をイメージ)
3現実感覚(現実をみる、足元をみる)
4俯瞰能力(ゴールからバックキャスティング)
・・・などなど。

 2時間半、短いね。あと3時間は欲しいところ。ま、いつか続きはどこかでお話しします。
 ハタ坊さん、すっかり忘れてたことばかりなんで、メモとっても助かりました。あんがと!


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「無名仮名人名簿」(向田邦子著・702円・文藝春秋)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2018年05月15日 (火)

米朝首脳会談は破談する!

 1日遅れで「有料サイト」に連載中の原稿を転載します。あちらは莫大な原稿料を頂戴してますんでね。あしからず・・・。

 先週の世界の動きを見ますと、米朝首脳会談のスケジュールと場所が決まったことだ、と日本人は考えますが、世界の圧倒的多数は「トランプのイラン核合意の離脱」と回答するでしょう。

 欧米にとって重要なのは「極東」ではなく「中東」だ、という意味だけでなく、トランプの頭の中にははなから「北朝鮮問題」はこれっぽっちもなく、あくまでも視野においているのは「中国による台湾併合」です。



 さて、5月8日にイラン核合意から離脱すると、トランプは発表しました。理由はなにか? イスラエルとサウジ、そしてトランプ(アメリカ)の利害が一致したからです。
 というのも、05年、イランの大統領をしていたアフマドネジャドは「イスラエルを地球上から消す」と公言し、事実、イスラエルとイランはいまも戦闘状態にあります(いまのところシリアを舞台にした局地戦ですが)。
 スンニ派の盟主たるサウジはシーア派の牙城たるイランとは骨肉あい憎む関係にあります。ユダヤのイスラエルとイスラムのサウジの敵の敵は味方という関係で、アメリカと実際上、「三国軍事同盟」という関係にあります。



元もと、イランとの6カ国核合意は前任のオバマが結んだものです。

 内容は、北朝鮮に要求している「完全で検証可能かつ不可逆的な核廃絶(CVID=Complete,Verifiable,Irreversible,Dismantlement)」とは雲泥の差で、オバマがイランに要求したのは遠心分離機数やウラン濃縮の上限を設けただけで、スピードが遅れるけど核開発は再開可能というものでした。つまり、合意のための合意。もちろん、イランはオバマの意を汲んで核開発を進めていたはずです。

 イスラエルとサウジにとってこれでは困るわけです。「完全に検証可能で不可逆的な核廃絶にしろ!」とトランプに合意離脱を命じたのがホロコーストを宣言されたイスラエルなんです。トランプは、アメリカ大使館をテルアビブからエルサレムに移転開設する記念式に娘イヴァンカ(ユダヤ教に改宗)と女婿クシュナー(ユダヤ教原理主義者)を出席させる、と公表した直後に「離脱宣言」をしたわけです。

 つまり、イスラエルへのダブルプレゼント。



 さて、離脱発言がマーケットにどんな影響を与えたでしょうか?

 円高ドル安にいったん振れたものの、結局は元通り。なんの影響もなかった、というのが現実。すでに離脱は織り込み済みでしたし、「アメリカが離脱してもほかの4カ国との合意を守り続ける」というイランのロウハニ大統領のメッセージでガチンコ戦争は避けられる、という解釈でしょう。

 もちろん戦争になれば儲かるのは「軍事産業」。ホルムズ海峡がきな臭くなれば原油価格だって高騰します。それらの銘柄が物色されたのは当然。相対的にウォルマートやヘルスケア、ディズニー等の生活産業は売られました。ただし、これも2、3日で調整となりました。







いま、世界のマーケットはトランプの発言と行動に振り回されています。そこにはファンダメンタルズとかテクニカル分析なども無力としか言いようがありません。
 しかし少し落ち着いて考えれば、トランプの政策は突然、突発、出たとこ勝負であるわけではなく、マニフェストを淡々と実行しているにすぎないことに気づくでしょう。

では、来月12日(予備日13日)にシンガポールで開催予定の「米朝首脳会談」をめぐってどうなるか、とくにマーケットはどう反応するかについて「予言」しておきましょう。

 結論から言えば、この会談は破談となる、と私は考えています。

 トランプの優先順位筆頭はなにか? 11月の中間選挙勝利です。勝たなければ再選は厳しくなりますからね。
 参考までに、日本のメディア報道を見ますと「民主党有利」というものばかりですが、アメリカのメディアは民主党支配下にありますから鵜呑みにすれば当然の帰結。日本のメディア住人はいつも自分の頭で考えないのが不思議です。

 多くの調査では共和党有利、トランプ支持率は50%超です。とくにネット調査ではそうなってます。

 では、金正恩の優先順位筆頭はなにか? 命乞いです。

 金王朝護持。いたずらに増やした100万超の兵士を喰わせる金がありません。一刻も早く支援が欲しい。制裁を解いて欲しい。覚醒剤、武器、売春など、ありとあらゆる「裏ビジネス」ができなくなりました。このままではクーデターが起きる、ということです。

 米朝首脳会談を懇願したのはトランプでも安倍さんでもなく、金正恩です。オバマのような合意のための合意をトランプがするはずありません。ノーベル平和賞受賞チャンス! たしかにそうですが、バラク・オバマですら受賞したインチキトロフィーなどもらってもトランプは嬉しくないでしょう。彼の性格ならば「そんなもんいらない!」と突き返すはずです。

 それより中間選挙に勝つことです。北朝鮮と中途半端な合意を結ぶわけにはいかないのです。

 では、どんな内容を金正恩に要求するかといえば、下記の項目です。

1完全で検証可能かつ不可逆的な核廃絶。
2アメリカ本土に届く長距離弾道弾(ICBM)の廃棄。のみならず、日韓に届く中短距離弾道弾の廃棄。
3拉致被害者の解放。

 金正恩にとっていちばん痛いのは3でしょうね。これは「戦後復興資金」をせしめるための人質なんですから。金づるを離したくないでしょう。当然、金正恩は拒絶したい。しかし拒絶したらトランプはその場で席を立ちます。

 追い込まれました。トランプはハードルを下げるどころか、どんどん上げてきます。これは日本サイドの希望的観測ではありません。「交渉」とはこういうものです。

 どちらがこの「チャンス」を活かしたいのか? 成果を得たいのか? トランプよりも圧倒的に後のない金正恩です。

 もし破談となっても元に戻るだけですから、トランプは困りません。それよりも破談にして金正恩をとことん追い込んだ方が「利幅」が増えるでしょう。アメリカでは拍手喝采です。

 西部劇を見るまでもなく、「ヤンキー」はそういうパーソナリティです。

 1回の交渉でなんとかまとめたい、長引かせたら終わりだ、と必死なのは金正恩です。

 まだ中間選挙には時間があります。なにも6月に決める必要はありません。もっともっと金正恩を追いつめればいいんです。丸裸にして放り出せばいいんです。なにしろ「命乞い」なんですから。

 大東亜戦争終結当時の日本がいまの北朝鮮と酷似しています。
 あのとき、日本政府のボトルネックは「国体護持」にありました。天皇制が護持されそうだ、となったのでポツダム宣言を受け容れたわけです。日本は丸裸になりました。しかし日本人の底力で蘇りました。

 さて、「破談」と予測する人がどれだけいるでしょう。日米中韓のマーケットでは、英国のEU離脱、トランプ当選と匹敵する「イベントリスク」になります。リスクオフで超円高ドル安。日経平均株価もダウも暴落。逆に金価格は暴騰。

 では、多くの方が予測(期待)しているように、もし首尾良く合意となった場合はどうでしょう? リスクオンで円安ドル高。日経平均株価もダウも高騰。一方、金価格は下落となるはずです。
 どちらにしても暴落あるいは高騰。だから、ボジションは「ロング・ストラドル」ではないか、と前回お話したのです。



 さてさて、米朝首脳会談について、日本のメディア報道の担当は「政治部」の記者たちです。
 政治部の記者というのは、一般的に文系出身者で理数系があまり得意でなく、かといって、経済に強いかというとこれも弱く(経済部でも似たようなものですが)、早い話が政治家にくっついてネタをとるしか能のない連中です。だから、構造的にセクハラ問題が起きやすいお仕事なのかもしれません。

 なにが言いたいかというと、「6月12日というスケジュールは日本にとって都合がいい。直前の6月8、9日はカナダでG7。この会合の総括として北朝鮮の核廃棄要求で一致した、と発表すれば効果的だ」などという、どうでもいい論調がメディアで垂れ流されているのです。

 私はこの日をあらかじめ用意して臨んだホワイトハウスのスタッフたちの深謀遠慮に感心しました。賢明なみなさんならこの日が何の日かご存じでしょう。
 そうです。FOMCがあります。しかもこの日の会議は「利上げ」です。
 利上げしたらどうなるか? 長期金利が上昇します。ダウは下がります。日経平均株価も下がるでしょう。そして長期金利と逆相関の金価格も下落します。

 もし米朝首脳会談で合意成立となったらどうでしょぅか? ダウも日経平均株価も高騰します。金価格は下落します。つまり、金価格は二重に下落する可能性が高いと思います。
 しかし、そうはならない。6月の米朝首脳会談は破談するからです(金正恩が命乞いだけでいい、オプションはなにもつけない、無条件廃絶でいい、と懇願すれば話は別です)。ダウも日経平均株価も大幅に下落。一方、金価格は暴騰・・・となるかもしれません。

 米朝首脳会談当日、トランプは日本海に空母と戦略爆撃機をずらり並べて交渉に臨むのではないでしょうか。「わしら交渉決裂でもええんやでー」という静かですが強烈なメッセージがこれです。

 金正恩は土俵際に追い込まれています。頼りの綱のプーチンは助けない、と通告しています。当たり前です。トランプと一緒に北朝鮮利権を山分けするんですから。四面楚歌の金正恩はしかたなく昔のご主人に頭を下げるしかなかったんです。

 しかし、このご主人もトランプに追い込まれています。

 国際政治は実におもしろいですね。映画になりますよ。「モリカケ問題」なんてつまらん芝居を嬉々として演じている野党のセンセ方の気がしれません。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「コブのない駱駝 きたやまおさむ 心の軌跡 後編」(きたやまおさむ著・1,944円・岩波書店)です。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2018年05月14日 (月)

いま日本と世界は大変化、大混乱、大波乱、大混迷のまっただ中にあります。だからこそ「聴く!通勤快読」にトライしてください。

 読書というのは自分との対話ですね。著者のインテリジェンスを覚えることではありません。どこまでも自分との対話、対決、勝負ということです。

 好奇心の本質とはそういうことだと思うのです。

 本なんぞ読まなくてもなーんにも困りません。名経営者でも本など読まない人はたくさんいます。でも、彼らは「無知」ではありませんでした。ものすごく勉強熱心。とくに「耳学問」が凄かったです。質問魔なんですよね。

 そうそう、物心つく頃の子供と同じです。口を開けば「あれ、ナーニ?」「これ、ナーニ?」の連発。脳がめまぐるしく活性化してるんでしょうね。で、クタクタになって寝ちゃう。寝てる間も脳は「インテリジェンスの整理整頓」をしてるんです。

 脳が萎縮するのは「無知=モノを知らない」ではなく「無関心=知ろうとしない」にあります。脳の栄養素は「刺激」です。刺激がいらなくなった瞬間、老化が始まるんでしょうな。

 知らないことを知りたい。知ると嬉しくなる。わかると楽しくなる。結局、人生すべてここで決まると思うのです。


●「聴く!通勤快読」のメリット
1.毎回10--15分間フルにお話してます。かなりのボリュームですよ。
2.スマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。
3.創刊以来8年間のバックナンバーをすべて無料で視聴できます。

●「読む!通勤快読」のメリット
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

「聴く!」と「読む!」の中身は微妙に違います。余計なことばかり話してますから。「聴いてる時間がない」「カード決済が嫌」「安いほうがいい」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

●リスナー&ビューアーのご意見・ご感想
・「肉声が聴けるので毎日講演を楽しんでます」(20代・ビジネスパースン)
・「どこよりも早くベストセラーを紹介してくれます」(30代・キャリアウーマン)
・「経済金融の良書が多いので投資に参考になってます」(50代・経営者)
・「小説やエッセイもあってバランスがとれてると思います」(30代・教諭)
「中島先生のズバリ直言が小気味いい。本に書かれていないプラスαがたっぷり。こちらのほうが付加価値があると思います」(40代・経営者)
・「書評にとどまらない内容ですね。取り上げられた本だけでは伺い知れないインテリジェンスが最高です」(50代・医師)
・「鋭い。鋭すぎる。投資にも役に立ってます!」(50代・投資家)
「複雑な世界の政治経済の動向をこれだけわかりやすく解説し、予測しているサイトはなかなかありません。勉強になります!」(40代・金融機関勤務)
・「『読む』と『聴く』では微妙に違います。いい意味で余計なことを話して頂ける『聴く』がたまらなくいいです!」(40代・弁護士)
「最大の魅力は感動的な話が多いということです。朝いちばんの栄養剤です!」(30代・起業家)
・「これだけの内容でこの値段! 安すぎますよ!」(50代・経営者)

 インテリジェンスてのはどこかで必ず繋がってるのよね。繋がりだすと、ああそういうことか、とすべてが透視できるようになります。知の魅力魔力引力を楽しみましょうよ。


 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「コブのない駱駝 きたやまおさむ 心の軌跡 前編」(きたやまおさむ著・1,944円・岩波書店)です。

カテゴリー:黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部

2018年05月13日 (日)

次期ぴよこちゃん倶楽部(第5期)のスケジュールだけお知らせしておきます。。。

■「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」(第4期)いよいよオーラス講義です。



 今週末の19日(土)がオーラス。あっという間でしたねえ。お疲れ様でした。ざくざくたっぷりどんどこどんと大儲けされたと思います。

 で、「飛行機の予約があるのでスケジュールだけ早めに教えて」というご要望がありました。たしかにそうですよ。夏休みも関係なくやりますから。いまのうちに交通機関は押さえておかないとね。
 つうことで、最終部分に第5期=7月-11月までのスケをアップしておきます。

 その前に・・・まずはオーラスの「ぴよこちゃん倶楽部」のご案内をさせてください。

■中島孝志の銘柄研究会=5月19日(土)午後1時〜午後2時30分。
■ぴよこちゃん倶楽部「ゲスト講義」=午後3時〜5時30分頃。

■「中島孝志の銘柄研究会」
※いつものようにいまいちばん注目している銘柄研究と、今回も具体的な銘柄を取り上げ、「いつ買うか」「いつ売るか」「いつまでホールドするか」というベストタイミングを見つけるテクニカルスキルを解説します。前回は「ボリバン」「ストキャス」「RSI」でしたが、今回は「大循環MACD」で分析するとどれだけ的中するか、実際にやってみましょう。



■「ぴよこちゃん倶楽部」
□テーマ=「戦争か平和か?大波乱必至の日本と世界! いまのうちに資産を倍増しておきなさい!」


※ゲストからメールが届いてます。「中島先生大変ご無沙汰申し上げております。諸事項、了解申し上げました。5/19どうぞよろしくお願い申し上げます。」とのこと。完璧なテキストを用意して講義に臨んで頂きます。
※超一流のエコノミストですが、政権を敵に回してスキャンダルを仕掛けられてしまいました。でなきゃ今ごろ大臣ですよ。経済予測の目利きは相変わらず冴えに冴えてます。意外といち押し銘柄を教えてくれるんですよ。今回もたっぷりチャートをご用意頂きました。ご期待ください。

■会場:「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(日比谷・内幸町、新橋駅徒歩1-5分)



◎参加者の声・・・
・「著名なゲスト講師ばかりです。人格的にも素晴らしい。これがいい」(メーカー経営)
・「最初の10分で受講料を取り戻しました。目からウロコの連続でワクワクします」(不動産会社勤務)
・「かなり知識も経験もあると思ってましたが、井の中の蛙。やっぱり凄い人は凄い。脱帽です」(個人投資家)
・「よくまあこれだけの実力講師を揃えてくれました。顔の広い中島さんにまず感謝!」(流通役員)
・「勉強になります。本業でも利用させてもらってます」(金融機関アナリスト)
・「未知の世界でしたが、これからの時代、投資センスは必須でしょうね。いい人選です」(弁護士)
・「気づいていない視座を見せてくれる勉強会です。メンバーのレベルが高い」(病院経営)
・「なんにもわからないレベルから皆さんに教えてもらってなんとかここまできました。感謝です」(主婦)
・「どんなに本を読んでも、いちばん大事なことはこういう勉強会でないと聴けないですね。ラッキーです」(金融機関役員)・・・。

 インテリジェンスは魔法の杖ではありません。だれもが入手できる情報だけで通用します。大切なのは「読み方」です。すなわち、「分析」し、「解釈」し、「予測」し、そして「行動」に移す・・・。
 視点と視座を「凡人」と同じにしていたら永遠に勝てません。儲けている「天才」に学ぶ、勝ち続けている「天才」の方法を真似る。そのうち、あなたも「天才」の仲間入りをしている自分を発見することでしょう。

「若い時の自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。いま歳をとってみると、その通りだと知った」(オスカー・ワイルド)
「100万円の金ができれば100万円の知恵がわく。1000万円の金ができれば1000万円の知恵がわく。まずタネ銭を貯えることから始めたまえ」(大谷米太郎)
「世の中で金を取ってないやつは偽物だよ。お茶でも踊りでも、習いに行って、お金はいりませんからって言われたら、かえって信用しないよ」(立川談志)




■「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」(第5期)
■統一テーマ:「100万円・週3%利回りで3年後には『億り人』!(ま、『10億り人』とか『100億り人』でもいいけど)」
■スケジュール(ゲストとテーマは5月20日にブログでご案内します。募集はまずは留年生ご案内の後、6月1日から一般募集の予定です)。


□7月14日(土)
□8月25日(土)
□9月22日(土)
□10月13日(土)
□11月17日(土)
※午後3時スタートです。遅くとも午後6時には完全修了します。
※代理出席可能です。

 実はいまゲスト講師のみなさんといろいろ打ち合わせてましてね。これまでで「最強チーム」になりそうなんすよ。本はまだ出してないけど投資ブログの世界では超有名な会計士さんとか。「米国ETF投資」について1回やろうと思ってたんすけど、すべて整理して米国株の銘柄投資等にシフトされたそうです。なぜか? リターンを考えると説得力たっぷり。「米国ETF」の長短所もすべてわかります。

 なお今回も特別出血大サービスで「中島孝志の銘柄研究会」を開催します。ゲストの講義前1時間、貴重な投資インテリジェンスをシェアする情報交換会です。はっきり言いまして、翌営業日から即効性があると大好評です。

■「中島孝志の銘柄研究会」(2018年7月-11月)
◇開催日:「ぴよこちゃん倶楽部」と同じ日。
◇時 間:午後1時〜午後2時30分。
◇これも代理出席可能です。

※「ぴよこちゃん倶楽部」だけの参加はできますが「銘柄研究会」のみの参加はできません。ホント、これ、「グリコのおまけ」なのよ。
※この倶楽部は中島孝志の趣味道楽ですから投資勧誘等は一切ありません。すべて自己責任です。破綻しても責任は一切負いませんし、1兆ドル儲けても1セントたりとも請求しませんのでよろしく。

□会場:「新橋ビジネスフォーラム」特別会議室(日比谷・内幸町、新橋駅徒歩1-5分)

 てことで、「第5期ぴよこちゃん倶楽部」は最強の布陣です。ご期待ください。

 可能性に素直に心を開いて勉強を続ければ、必ず、運の女神は微笑んでくれます。ぜひご一緒に勉強しましょう・・・。

 黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部 代表世話人 中島孝志

カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2018年05月12日 (土)

25年ぶりの倉敷。。。こんなに広かったっけ?

 いったい何を見てたんだろね。ま、いつも、食べ物のことしか考えてないからそうなんだけど。。。

 35年前、講演で広島に行ったわけ。行きはしかたなく飛行機。帰りは新幹線。で、「倉敷、倉敷」とアナウンスされてたんで、思わず飛び降りたわけ。

 あれ以来です。もち、なんも知らんから、定番の大原美術館あたりをブラブラブラブラするだけ。半日もあれば間に合うやろ、と思ってたら大間違い。こんなに広かったなんてチートモ知りませんでした。とてもとても1日やそこらではカバーできません。



 大原孫三郎が児島虎次郎に命じて収集させ、わが国初の西洋美術展示館となるんだけど、中近東とか中国の美術も展示されてるし、もち、日本人の作品もたくさんあります。

 しかし当時、モネだマネだ、ピカソにロートレック、圧巻はエル・グレコの「受胎告知」とかね。さすがに高価なんで、これだけは大原に相談したらしいけど。

 児島の作品も誠に見事。これだけの絵を描いたんだあ。。。岸田劉生の作品(村娘)とかもあんだけどさ。そういえば、神宮前に聖徳記念絵画館(「しょうとく」ではなく「せいとく」ですからね)あるでしょ。以前、ご紹介したと思うけど。
 明治天皇がなぜか描かれていない大政奉還とかね。

 児島はこの設立記念作品をつくるために根を詰めて短命で終わったらしいね。 

 さすがに美観地区の人手は凄い。町並みがきれいに遺されてますよ。それにしても電線とか電柱がないとこんなにすっきりすんだね。驚きました。バンコクなんか最悪ですよね。電線が何百本も固まってダラーーリ。工事でよく間違えないもんだね。たぶん間違ってると思うよ。どっか停電したりしてね。

 ドイツの城郭都市ローテンブルクがお手本らしいっす。

 騒音がするなあ、と思えば、やはり中国人の塊。アメリカ人もヨーロッパ人もその他のアジア人も静かなもんです。あの連中だけいたずらに人口が多いからかね。自己主張の塊だもんなあ。



 そういえば、大原美術館の隣にある喫茶店。「エル・グレコ」つうんだよね。後継者の大原総一郎が設けた喫茶店。

 大原美術館の向かいにあるのは大原別邸「有隣荘」です。
 ここは昭和天皇が皇太子時代にも泊まられたことがあります。で、大原美術館と有隣荘の間の橋を渡られた。橋の高欄には龍と菊がデザインされてるの。児島虎次郎が彫ったものです。





 ここらへんの風景は、「天皇の料理番」とか「マッサン」のロケ地にもなってます。
 中国地方ダントツの観光地ですからね。グルメポイントもいっぱい。で、こんなんもありました。「豆柴カフェ」。私、わんちゃん大好きなのよ。


ホテルに戻ってテレビ付けたら、なんとこのカフェを芸人が案内する番組やってた。なんついうタイミングの良さ。
 
 倉敷の街が一望できる阿智神社に登りました。ホントに鶴形山というだけありますな。







 倉敷に行こかと決めたのは大阪原原の講義中。そうだ、倉敷行こう。てなもんす。

 たまたまこの週は金曜開催の博多原原がありません。再来週だから、博多はね。で、土曜は出雲原原。いちいち横浜に戻るより大阪でブラブラしてるか、さっさと出雲に入るか、それとも八つ墓村に行くか、ちょいと戻るけど、宮津とか夢千代日記の舞台=湯村温泉か、あるいは宝塚大劇場か、てなことでね。


泊まりは美観地区内のアイビースクエア。ホントにアイビーばっか。


 「倉敷旅日記」「グルメ日記」はFBでがんがん写真アップしてますんで、そちらをチェックしてちょ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「濹東綺譚」
[2018年05月21日]
[中島孝志の不良映画日記]

「ぴよこちゃん倶楽部(第5期)」メンバーを熱烈募集します。。。
[2018年05月20日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

いま日本と世界は大変化、大混乱、大波乱、大混迷のまっただ中にあります。だからこそ「聴く!通勤快読」にトライしてください。
[2018年05月19日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年5月  

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!