カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年05月26日 (木)

この国のかたち、あの国のかたち。。。

 今日はこれから金沢で講演会なんすよね。で、明後日は新潟。近いでしょ。だから、ふつうはそのまま泊まって日本海を東上すればええのよね。

 けど、高熱の前科がありますんで日帰り。講演のちょい前に名古屋原原のキム兄に連れられて北國新聞社の社長さんと会わなくちゃならんのね。で、そのまま講演会場に乱入・・・つうことになってるようです。

 さて、オバマが来ます。広島に来ます。まあ、この人らしいね。この人が一貫しとるんは、殺し合いはしない。できるだけ血は流さない。けど、謀略の限りは尽くす。インテリジェンスをフル活用する。こういうことですね。

 まあ、教会がそもそも過激なとこでしたからね。強烈な平和主義者ですよ。つうか、産軍複合体の連中のいかがわしさをよっく知ってるからでしょう。

 そういう意味で、いま、大統領選の真っ最中にありますけど、ヒラリーなら戦争も辞さず、トランプは戦争はしない。つまり、トランプはオバマ路線を継承するはずです。それはすなわち、世界中にばらまいてる米軍の縮小ということを考えてるはず。

 イスラエルが困る? サウジが困る? それはそうでしょ。けど、いま、アメリカのユダヤ世界はまっぷたつに割れてて一枚岩ではありません。民主党のオバマを大統領に押し込んだAIPACの主流は好戦的=スポンサーが産軍複合体つうヒラリーではなく、戦争はしないオバマ系の共和党候補者トランプを支持するよう打ち出すはずです。

 で、オバマが来ます。「一人核廃絶キャンペーン」のためにね。日本よ、プルトニウムを持ってはあかん、核武装したらあかん、てね。だって、日本が核武装したら、アメリカが的にかけられる、と固く信じているのがアメリカですから。

 冗談ではなく本気ですよ、これ。そういうお国柄なんすから。リベンジしなくちゃ「チキン!」扱いされる文化ですからね。

 一方、かつて殺し合いをした敵同士であっても、いまは仲良くなってるんだから、このままでいいじゃないか。「過去は水に流して」というお国柄です。

 なによりも、アメリカは銃社会。コンビニや学校でシリアル殺人が懲りずに繰り返そうと、「銃さえあれば守れたものを・・・」とテキサスでは牧師が個人の銃武装キャンペーンの先頭に立っているほど。

 自分のことは自分で守れ。それがアメリカ。
 みんな仲良く。これが日本。

 西部劇でおわかりの通り、アメリカ人の祖、すなわち、イギリスの食いっぱぐれ、嫌われ者ユダヤ人、ジャガイモ飢饉で食い詰めたアイルランド人、ケチなオランダ人、マフィアしかなれなかったシチリア人(ホントはユダヤ人だけど)等々が、マサチューセッツのネイティブ・アメリカンたちから食わせてもらったご恩も忘れて、皆殺しにして土地と資産を奪い尽くしたわけです。

 強奪、略奪するには武器が必要だもん。いまだにそうです。

 人種がたくさん。共通するのは元もと平和に暮らしていた人々を武器で追い出した、ということ。そこに暗黒大陸から売られたり、拉致されたりして到着した黒人たち。そういうネイティブ・アフリカンたちも奴隷から解放されると、命を守るため、食いつなぐために武装を始めるわけですね。

 庶民は銃、国家は核兵器。これがないと安心して寝られないお国柄なんすよ、アメリカは。

 一方、日本は武器を持たなくても生きられる国をつくりました。
 そう、「刀狩り」ですね。

 刀狩りつうと、秀吉が1588年に布告した刀狩令ばりが有名ですけど、ホントは、鎌倉幕府の執権北条泰時(原原ではおなじみの人)が最初ですよね。
 脱線しますけど(いつもですが)、泰時の制定した貞永式目は室町幕府(建武式目)、江戸幕府(禁中並公家諸法度・武家諸法度)もに参考にしてます。つまり、パクってるわけ。

 つまり、400年以上も前に平和国家を「この国のかたち」にした日本と、いまだに、銃がなければ日常生活をおくれない「あの国のかたち」とは、えろえろとちゃうねん、つうことなのよね。

 ですから、広島にオバマが入る時、核廃絶のために来日したくせに、核兵器のボタンを押すアタッシェを片時も離さず「広島入り」するわけ?
 こういう幼稚な物言いをつけるようでは、朝日新聞かいつも奇妙な帽子をかぶってる沖縄県知事レベルでしてね。

 「この国のかたち」と「あの国のかたち」は生きる価値観、生きていく価値観が真逆のベクトルを向いているんだ、と悟るべきではないでしょうか。


 さて今日の「通勤快読」でご紹介する本は「フジテレビはなぜ凋落したのか」(吉野嘉高著・新潮社・799円)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2016年05月25日 (水)

9月10〜11日は世界一!新潟片貝の花火大会満喫ツアーがあります。

 さ〜て、9月は2〜3日が「富山越中八尾おわら風の盆ツアー」がありますが、新潟原原では10〜11日が「片貝花火大会ツアー」を開催できることになりました。新潟原原の石田さん、松井さんのご尽力の賜です。



「新潟原原・四尺玉ツアーのご案内をします。
  
 三尺玉発祥の地、片貝まつりで『世界一の四尺玉』を観覧します。
 片貝は観光主体というより地元の祭りとして続いています。花火は、成年や還暦、結婚祝い、孫誕生、追善供養など、打ち上げごとにアナウンスされます。
 本年は土曜日と好条件ですが、なんとかマイクロバスと宿を手配することができました。皆さまのお越しをお待ちしております。

◆日時:9月10日(土)16:30集合
◇宿泊:西谷鉱泉 中盛館(長岡市西谷480 TEL0258−94−2417)
 http://www.chuseikan.co.jp/pp.html
◇アクセス:JR長岡15:42発…信越線…塚山16:00着(駅まで迎えに上がります。車で数分)

 中盛館に早めに集合された方は温泉でごゆっくりどうぞ。出発の時間まで中島先生のご講義?

◇18:00:マイクロバスで片貝へ…駐車場から徒歩。
◇19時過ぎ:「桟敷席」を用意してあります。なかなかとれませんよ。
 http://katakaimachi-enkakyokai.info/etc_info.html
access
◇19:30:花火打ち上げ開始
    花火観覧(弁当・一献)
◇22:00:打ち上げ終了 桟敷席から徒歩…マイクロバスで宿へ
◇23:30:宿着(宿泊)

◆9/11(日)
◇8:00:朝食
◇9:30:マイクロバス発
@長谷川邸(県内最古の豪農の館)
A山口育英奨学会資料館 http://yamaguchi-esf.or.jp/

◇12:00:昼食会(小国そば・ふじ井)
◇14:30:JR塚山駅着
     塚山14:50発…信越線…長岡15:12着(JR塚山は無人駅です)

〈幹事〉新潟原原:石田・松井。。。」



 400年の伝統を誇る「片貝まつり」は、三尺玉発祥の地として知られた片貝町で毎年9月9日と10日におこなわれ、「筒引き」「玉送り」等の伝統行事や世界最大とされる四尺玉打ち上げ等、町中が花火一色となる熱狂的なお祭りです。
 浅間神社への奉納花火です。
 神社境内、参道、神社入り口までの市道に200店もの露店が出ます。ここはへぎ蕎麦の本場ですのでめっちゃ美味いです。



 幹事の石田さんから・・・「観光向けではなく地元の人が孫の誕生、成人、還暦、家族の追善供養で神社に奉納する片貝花火は、本当に感動ものです。神社周辺には露店が軒を連ねて情緒があります。お忍びで有名な芸能人もたくさん訪れています。隣の長岡花火もすごいですが、個人的には片貝の花火こそ新潟で、世界でナンバーワンだと思います。片貝(小千谷市)は美味い蕎麦屋も複数あります。ご期待ください!」とのことです。

 残念ながら、桟敷席の都合で定員は17名です。生きている間に1回は見ておきたい花火です。とにかくスケールとその美しさ、そして一つ一つの花火に込められたメッセージのアナウンスは感動モノです。


 さて今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ほんとうは教えたくない京都の路地裏」(辰巳琢郎著・PHP・916円)です。


 さてさて、神戸を散策中、今井澂先生から電話。原原にうってつけの講師のご紹介を頼んでた件でしてね。で、ついでに、「近々こんなセミナーやるんだけど」と情報を頂きました。

 ご紹介しておきます。


今井先生の予定講演内容です。

 そのほか、大井幸子さん(国際金融アナリスト・シンジケートに近い女性)とか伊東秀広さん(投資顧問・伝説の売り屋)の講義も続くそうです。
・開催日時:2016年6月5日(日)13:00〜18:00
・会場:TKPガーデンシティPREMIUM神保町
・定員:200名
◇詳細はhttp://www.forestpub.co.jp/imai_0512/?re_adpcnt=7py_12ol
までよろしく。。。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2016年05月24日 (火)

大阪原原レポ。ゲスト平川紀義さんの講義は30倍パワーアップしてました。。。

 大阪原原はつうわけでございましてね。これがすごいコンテンツでございましてね。

 とレポる前に、前日は名古屋原原でして。物々しい警備のなか、早めに出立。京都下車。どこに向かったかつうと、八幡市なんす。近鉄丹波橋駅で京阪に乗り換え。で、八幡市で下車。

 そうなんすよ。石清水八幡宮に参拝するためなんすよ。


京阪電鉄八幡市駅下車。目の前の男山ケーブルで石清水八幡宮へ。

 登ってもいいんですけどね。せっかちなもんすから。帰りは歩いて降りました。
 
 八幡市男山は都から見ますと裏鬼門。表鬼門は比叡山延暦寺。都の守護神ですし、木津川・宇治川・桂川の三川が合流し淀川となる地点で水運の要でもありました。


ランドマークみたいなもんやね。

お炊きあげんみたいなもんやね。


南総門から見ますとご正面が少しずれてることに気づきます。

 ご本殿中央(中御前)には応神天皇(おうじんてんのう)、西に比め大神、東に神功皇后がお祀りされてます。

 鎌倉の鶴岡八幡宮は、東北をたいらげたあと、源氏の祖がここを勧請したわけっす。宇佐八幡と合わせて日本三大八幡宮となります。

 ちょいと突っ込んでいいますと、いま勅祭社が16ありますけど、3大勅祭社の一つです。名古屋原原で葵祭(賀茂祭)について30分くらい雑談した時に石清水八幡宮の話もしましたよね。

 貞観元年(859年)、清和天皇の御代ですが、大安寺の行教和尚が宇佐八幡宮にこもると、八幡大神より、「われ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」という御託宣を賜ったことがきっかけで御神霊を御奉安申し上げたのが起源らしいっす。

 源氏は清和源氏で知られてますしね、源義家が「八幡太郎義家」と名乗ったのも、石清水八幡宮で元服したからですね。


さすがパナですな。私は銅板を少しだけ寄進させて頂きました。お下がりを頂きました。


帰りはこんな道を少し歩きます。宇佐八幡もそうでしたけど、氣がとてもいいですよ。


年1回の重要イベントが行われる頓宮です。

例大祭石清水祭で有名な放生川。舞台はここ安居橋。毎年9月15日、この橋の上で「胡蝶の舞」が奉納されるわけ。

 名古屋原原メンバーのSさん。少し話しただけなのに、翌日、もう訪れたらしいっす。感度ええなあ。。。思い立ったら吉日。やっぱ行動=考動せんとあきませんな。

 さて、平川さんの講義ですが、どんどんパワーアップしてまして。東京原原の出版記念講演とは段違いにバージョンアップしてます。いま、全国の商工会議所や経営者倶楽部で引っ張りだこになってるのもわかります。短期間でここまで練り上げるとはただ者ではありません。くせ者です。ま、パナには多いけど。。。


「巨木はいともあっけなく倒れる!--私だけが知っている!ホントはやっぱり凄い、パナソニックの経営」



売れてます。必読の書ですよ。

 以前は1時間講義すると質問時間に移ってましたけど、今回は2時間たっぷり。パワポは質量ともにドカンと増えてましたが、パワポを説明するための講義ではなく、パワポはあくまでも「ついで」。伝えたい理念、思い、メッセージが強烈にある。それは本を出版してから、パナOBの方々からの叱咤激励とか、本の中で触れた亡き大先輩(役員の皆様)の奥様からの感謝状とか、感動するレスポンスがたくさんあったからではないでしょうか。

 情報というのは発信基地が最大最高の受信基地になるんです。平川さんは身をもって体感されたのかもしれませんな。

 つうわけで、9月の名古屋原原のゲストは平川さんです。その頃にはさらにバージョンアップしてるんじゃないかな〜。


 さて今日の「通勤快読」でご紹介する本は「ツバキ文具店」(小川糸著・幻冬舎・1512円)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2016年05月23日 (月)

明日は東京原原。ゲストは超売れっ子スタンダップコメディアンのダメじゃん小出さん&寒空はだかさんです。

 いよいよ明日です。参加メンバーは申し訳ありませんが、「午後7時ぎりぎり会場入り」つうことでお願いします。
 つうのも、ゲストによるリハ(画像と音学チェック)作業があるんです。ぜひぜひご協力くださいませ。

 60人超が6F入口で待つのも風情がありますが、将棋倒しの危険性もありますので「ギリ」でよろしくっす。もち、メンバーの知人友人のご参加も自由ですが、この件、しかとお伝えくださいますよう・・・。

 てなわけで、明日の原原は午後7時3分スタートとします。

 さあて、今月は特別ゲスト講師の登場です。ダメじゃん小出さん&寒空はだかさん。いまノリに乗ってる天才コメディアンによる「競演!人の心を揺さぶる表現力」です。

 漫才ではなく、ピンのトークショーなのよ。

 ライブはテーマもネタも豊富なんで、どのステージもインパクト&サプライズの連続(2人に2時間フルで演ってもらえるなんてありえませんよ!)。

 「才能ってのはこういうことを言うんだな」とわかります。ミモノです。



 実は・・・外部から参加申込殺到です。もち、原原のみの公演つうか口演ですからお断りしています。東京原原でしかやらないので予定いれといてね。



 爆笑当然。感動もんです。トークのネタ満載。なにより号泣するのではないかしらん。ほらほら15期がスタートして、いきなり宅間孝行さんの舞台『口づけ』を仕掛けたでしょ。感動よ、もう一度です。

 もち、原原メンバーはだれでもご参加できます。ついでに、妻もいいっすか、娘もいいっすか、つう申し出がありました。メンバー関係者はOKっす。

 参考までにも、2人とも筋金入りのテッちゃんです。。。


 さて今日の「通勤快読」でご紹介する本は「マイナス金利の標的 世界はこう動く国内篇」(長谷川慶太郎・田村秀男著・徳間書店・1080円)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年05月22日 (日)

元町もシャッター通りになるんかいな?

 「米衣料品大手ギャップは19日、比較的低価格帯のカジュアル衣料店オールドネイビー事業で日本から撤退すると発表した。業績低迷に伴う世界的なリストラ計画の一環。2017年1月末までに国内の全53店舗を閉鎖する。日本に合計200店超あるギャップとバナナリパブリックの2ブランドは営業を続ける。」と日経が記事にしてました。

 GAPねえ。。。15年くらい前から行かなくなりましたねえ。元町にもあるんすけどね。
 どうして行かなくなったかつうと、たとえば、ジーンズ。はいてる中に伸びちゃうのよね。
 
 伸びる? 当たり前でしょ?

 いえいえ、伸びませんよ。もし伸びるとしたら素材がストレッチできるように開発されたものです。新幹線とか飛行機で便利ですよね。けど、それはそういう素材なの。

 同じGAPでも、バナナのほうはそんなことありません。やっぱ、安モンは安モンなのかなあ。
 ですからユニクロで買うのは下着と靴下だけ。アウターは絶対買わない。
 なにがダメか? デザインとカラー。悲惨ですね。インナーにしてもワンシーズン着たら捨てちゃう。そういう意味では、オールドもユニクロもマクドナルドによく似てますなあ。

 GAPは世界では売れてますよ。ZARAとかH&Mにしてもそう。だけど、絶対的に違うのは「日本では安い」つうこと。東南アジアでチェックすると高い高い。先日、バンコクに拉致られて行きましたけど、「えっ、どうしてこんなに高いの?」と驚きました。

 で、元町でもGAPが消えました。けどね。そんだけじゃないの。隣の帽子屋さんも消えたし、ウッドペッカーつう洋服屋さんも消えました。ここ、オハラがやってるのよ。オハラつうと老舗ですよ老舗。けど、そんな店ですら消えちゃう。

 元町ですらいまやシャッター通り化しつつあるわけ? 元町で景気がいいのはペットショップくらいかなあ。37〜8万円のワンコロとかネコニャンが売れ筋でね。豆スケなんか100万円。可愛くてたまらんもんね。思わず衝動買いしそうだもの。
 グッとこらえたのは、これ買ったらどこに行くにも連れてかなくちゃあかんようになるよ、つうこと。病気になったら心配するしぃ。。。もうそんな気分になりたくないしぃ。。。

 シャッター通り化するのは家賃が高いんだろね。家主もとっくに減価償却してるんだから値下げしたらいいのよ。でも、基本、ケチな年寄りばかりでしょうから昔の感覚が忘れられないんだろな。

 ま、元町があちこちの商店街で見られるほどのシャッター通りになることはないだろけど。やっぱ地下鉄とJRと中華街が近くにあるもんね。
 でも、歩いてる客は確実に減ってます。中華街にしてもほとんどおのぼりさん。歩いてるけど店には入らないつう客ばっか。

 私? 美味しくないから行きません。中華食べるなら、中華街のシェフたちも来てるSとかTつう店に行くわな。オーナーも知らない中に代わってるしな。。。
 人民元が紙くずになる前に中国人が爆買いしてんだろね。札束積まれて売っちゃうオーナーもいるだろしね。中華街をつくってきたオーナーたちとは考え方も商売のやり方も違うしね。

 明らかに元町中華街は変わってきました。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2016年05月21日 (土)

名古屋原原の二次会美味〜〜。ランチ会やります!

 アマゾンKindleがまたまたキャンペーンしてくれました。ベストテン入りです。復活がありがたいよね。




 ま、私の講義内容なんてめちゃいい加減なもんですので・・・なにより二次会が凄くてね。けど、博多と新潟、出雲の二次会ばっか紹介してるんで、「名古屋〜もうみゃ〜店がデラたくさんあるでよ」つうことなんでしょう。
 真央ちゃんが通う豊田の「ドルチェヴィータ」オーナーシェフのNさんが華麗なるグルメ店オーナー人脈をフル活用してくれてまして。

 今回は新栄にある「ビバ ラ マイ ワイフ(http://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23057590)」。
 オーナーシェフは足立さん。ここ、最高っす!
 
 「熊本地震の応援をしたくて、シェフに無理を言って『那須牧場 あか牛(褐色和牛)』のミスジをメインディッシュに焼いてもらうことにしました!」

 ちなみにミスジは腕肉の一部で1頭から6〜8kgしか取れない希少部位です。

 「足立シェフは名古屋のフランス料理のドンみたいな人のお弟子さんで去年独立されました☆」
 「お師匠さんのお店でもランチ会をいつかしたいと思っています」

 なんと、二次会直前、その師匠=フレンチのドンこと渥美仁親さんが来店。さりげなく弟子に「しっかりつくれ」と言付けて帰られました。う〜ん。さすが。元もと、海外の日本大使館、ヒルトンで有名なシェフだった人ですよ。で、いま、予約がなかなか取れない店として話題の和風フレンチレストラン「仁(栄2-12-22)」を経営されています。

 いい機会ですので、ご本人に無理やりお願いしまして、「名古屋原原 中島孝志を囲むランチ会」を開催させてもらうことになりました。9月14日(水)正午スタート。名古屋原原の当日です。15人限定なのよ。二次会では予約が取れないんでランチ会つうわけ。
 名古屋原原メンバー最優先ですけど、都合が悪い方もいらっしゃいますので、ほかの原原メンバーでももしかしたら入れるかもしれません。詳細はNさんからメーリングリストが流れると思います。全国の原原メンバーに一応転送しておきます。名古屋メンバーで満杯になる可能性が大きいですが、ダメもとに申し込んでください。。。




熱々のアヒージョ。バゲットを浸して頂きました。



噂のみすじ肉。さすがに美味でしたなあ。

新潟で出会った酒だそうです。これも美味〜。

オーナーシェフの足立雄彦さん。

「ビストロ ビバ・ラ・マイワイフ」は中区新栄1-46-5。1階の横に長い洒落た店ですからすぐわかると思います。

 てなことで、ブログ書いてたらNさんがメーリングリストを流してくれました。名古屋原原にしか流れてませんので・・・一応、メンバー全員にお知らせします。

 「先日企画致しました『名古屋原原 中島孝志を囲むランチ会』」ですが、レストランを予約できたのと中島先生がお時間を下さったため、開催する運びとなりましたのでお知らせ致します。

 9月14日(水)12時から「フレンチレストラン 仁」で行います。
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230103/23057590/
 お時間の調整ができる方は是非ご参加くださいm(_ _)m。先日の2次会の足立シェフのお師匠さんです!

 名古屋の料理界を熱くする会の発起人、現在、メンバーは料理人と経営者、食通のお客様で計500名以上の会を作られた人です。

 ちょっと変わったフランス創作料理を作るシェフで、いくつかご紹介すると、コーンポタージュを冷凍にしてカキ氷機でガリガリ削って提供したり、フォアグラの付け合わせがゴルゴンゾーラ(青カビチーズ)のチーズケーキだったり、鴨コンフィ(オイル煮)の出汁を使って〆にラーメンが出てきたり。。お箸で食べるカウンターだけのお店で、シェフとの掛け合いも素敵な時間を過ごせます」

 15名限定。会費は飲み代込み1万円、先着順と致します。
 まだまだランチ会まで時間があるので、仮予約OKとします。8月に再度確認メールを致しますが、そこで予約された方は申し訳ありませんが会費を徴収させて頂きます。」とのことです。


 なお、当日(9月14日午後6時30分〜)ですが、大阪原原での講義があまりにも素晴らしかったので(東京原原主催の出版記念講演会の30倍!)、平川さんの講義◆「巨木はいともあっけなく倒れる!--私だけが知っている!ホントはやっぱり凄い、パナソニックの経営」とします。ですので、ランチ会にも中島孝志と平川さんは参加させて頂きます。

カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2016年05月20日 (金)

紫陽花見学、八幡宮大祓等のご案内も「通勤快読」でしてるんですよ。

 忘れない中に・・・「浪花の人情税理士」として知られる鈴木和宏先生がけったいな本を出しました。税務署が怒りまくりそうなタイトルですが、中身は鈴木先生のお人柄そのもの。苦労してる経営者の味方。とくに中小企業の経営者は必読でしょうね。
 いつも資金繰りに四苦八苦してた寅さん映画のタコ社長に読ませてあげたい本ですよ。




 さあて、今日は博多原原です。昨日は石清水八幡宮に詣りました。明日は宇佐八幡宮、奥の院、そして博多に戻ってきて南蔵院の日本一大きな涅槃像を参拝するつもりです。

 そういえば、原原メンバーで「通勤快読」を聴いてない、つう人がいましてね。他のメンバーからやいのやいの叱られるわ、やんわり勧められるわ、ハタで見ていてそこまで言わなくても、つう感じがいたします。

 まあ、視聴した方が得だと思います。つうか、これ、ボランティアなのよ。元もと、石川県で目の不自由な方に朗読して聴取してもらう、つう団体がありましてね。しょっちゅう私のとこに「著作権承諾」の手紙をよこすんですね。

 「こんなもんいりませんよ。どんどん紹介してください」と回答してるんですが、「ルールですので」と相変わらず届いてます国立国語研究所でのテキストにしてるらしくて、そちらのほうも著作権使用承諾書みたいのが届きましたけど、「以後すべて使用許可」と回答してから来なくなりました。

 で、よくよく考えますと、テキスト(文書)よりもリスニング(録音)のほうがたぶん口が滑って余計なことをたくさんしゃべってるはずです。つまりボリュームが多いんですね。

 それと、「まくら」と「尻尾」がありまして、近々、行うイベント等の話もしてます。たとえば、最近ですと、「葵祭(賀茂祭)」についてとかね。これからですと、「鎌倉紫陽花祭り」とか「カキツバタ」「ボタン」、あるいは「鶴岡八幡宮大祓(おはらひさん)」とかね。

 これ、年2回。そうそう、6月30日にあります。禊ぎですよ。たくさん祓わなくちゃあかんねん。ま、そんな季節の風物についてもお話してます。

 もち、著者が書いてない、書けない、知らない話をメインにしゃべくってますからね。本を読んでものってませんよ。「あの話、ないんですけど」と訊かれますけど、あるわけありません。「著者は書いてませんが」と意識してしゃべるようにしてますが、忘れちゃうのよね。

 メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読 宅配便」というサービスを開始しております。

■「聴く!通勤快読」にはないメリット・・・。
1.メルマガですから深夜零時になれば放っておいても配達しますのでいちいちアクセスする必要がありません。
2.ご購読には、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ウェブマネー、ドコモケータイ払い、auかんたん決済等々、好きな方法をご利用いただけます。
3.「聴く!通勤快読」は月額1500円(消費税別)ですが「読む!通勤快読」は月額1000円(税込み)です。
4.メルマガに返信すると中島孝志に届きます。ご感想やご意見、ご質問などのやりとりができます。

 もちろん「聴く!通勤快読」はスマホ、タブレット、PCに簡単にダウンロードして、中島孝志の微妙〜な解説をたっぷり聴くことができます。こればかりは「読む!通勤快読 宅配便」では体験できません。なかには私の物まねができる方が何人もいらっしゃるとか。。。しかもしかも「聴く!通勤快読」は、創刊以来この7年間に紹介した本をすべて無料で視聴できます。めちゃお得でしょ。

 コンテンツの中身は「聴く!」「読む!」ともに新聞やテレビ、雑誌では絶対入手できない情報=インテリジェンスのオンパレードです。。。

■コンテンツの内容
1.経済、投資、政治、経営、ビジネスを中心に、歴史やノンフィクションも広くカバーしています。
2.最新ベストセラー7割、ロングセラー2割、いち押しのユニークな本1割。
3.単なる書評ではありません。著書ですら窺い知れない「プラスαのインテリジェンス」をお届けします。
4.中島孝志独自の定評ある情報人脈をベースに、御用メディアでは報道しない(できない)「価値ある情報」を提供します。
5.月〜金の平日深夜0時に更新します(土日祭日+2月28日はお休み)。
6.月間25冊。年間300冊。1冊当たり40円。
7.経済分析、経営のヒント、仕事のヒント以上に、感動&元気をお届けします。

 「音声で聴いてる時間がない」という方、「カード決済が嫌。コンビニ振込ならいいんだけど」「安いほうがいいな」「感想も届けたいしぃ」という方は「読む!通勤快読」をご活用ください。

 どんな内容か、まずはサンプルをご覧頂けると幸いです。
 メルマガ「中島孝志の読む! 通勤快読 宅配便」をよろしくお願いいたします。

 ま、面白ければそれでいいっしょ。人生どんだけ楽しめたかで決まるわけで。


 さて今日の「通勤快読」でご紹介する本は「母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます」(朝日新聞社会部編・幻冬舎・1296円)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年05月19日 (木)

2016年予測を少し解説します。。。

 昨日のブログで、年末に原原メンバーとオープン講演会で毎年やってる「独断と偏見による来年はこうなりまっせ〜」つう予測をしてりまして。
 で、昨日、どうやらアメリカ大統領選挙は見立てが間違っていたみたい、と早々と「ポカ宣言」をしてしまったわけで。「ヒラリーの線は消えてないんとちゃう?」つうメールもたくさん頂戴しとりまして。

 でも、トランプの勢いはやっぱ凄いっすよ。まあ、騒いでる連中と投票に行く連中は違いますからね。あけてみないとわかりませんよ。

 投票日が台風ならば、日本じゃ、共産党と公明党が相対的に強くなるのは当たり前でね。それと同じか真逆のことが怒るのが選挙。だから、「水もの」と言われるわけでして。

 で、実は、パワポデータを掲載したら、その他の質問がたくさん寄せられました。よ〜見てますな。

 その前に、アマゾンKindleキャンペーンでベストテンはおろかベスト100から外れた本が返り咲きました。


アマゾンはいい会社ですねえ。しょっちゅうキャンペーンしてくれるんで助かります。



 で、マネタリーベースが拡大するのはいままで見たとおり。けど、これがなかなか効かないからマイナス金利を導入したわけでね。「初耳」という人もいますが、ITバブル崩壊後に銀行間取引で経験してますよね。

 で、原原でお話したように、米国の「金利下げ」0.48%が同時期にありまして、日銀のマイナス0.1%が霞んじゃったわけですよ。またまた年末から中国人による日本国債の爆買いが始まりました。これで円安政策がパー。「三日天下」でしたわなあ。まだ、爆買いは続いてますからね。円安にはなかなかなりません。

 で、去年1月17日だったと思うけど、スイスがいきなり「ユーロ買いなんてや〜めた」「溜まりすぎとるもんね」と、それまでの方針を解除しましたよね。あのとき、スイスがやったのがマイナス金利なのよ。で、いきなりマイナス0.75%。これはインパクトがありました。

 日銀もやるならここまでやらないとあかんわな、と思ってたら、マイナス0.1%。まあ、日本の場合、ダメな金融機関が多すぎますからね。倒産しちゃいます。で、猶予期間を置いたのよ。モラトリアムっす(ホントの意味のモラトリアムは違いますよ。原原メンバーはご存じのはず)。

 で、以来、ダメな金融機関が「合併」という名の整理統合を慌ててやっとるわけで。今後もちゃちゃっと進めないとあかんわけで。

 まあ、0.1%つうのがジャブの意味では正解だったかもしれませんね。今後はスイスみたいにマイナス0.75%とかマイナス1.25%まではいかないかもしれんけど、マイナス0.5%はありえますよ。量的緩和ではなくこっちに切り替えたわけっす。

 もち、2013年から安倍さんは念頭にあったと思います。首相になったらやっちゃおうかな・・・ってね。

 ま、ここまで詳しくはありませんけど、月曜日の「通勤快読」で『マイナス金利の標的 世界はこう動く国内篇』(長谷川慶太郎・田村秀男著)を17分もしゃゅべっちゃいましたので勉強してください。


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「イスラエルとユダヤ人に関するノート」(佐藤優著・ミルトス・2160円)です。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2016年05月18日 (水)

アメリカの大統領はトランプになりそうでんな〜。。。

 昨年末に毎度のように「2016年はこうなるんでないの」つう予測をしたんですけど、大きく外れそうなのが、アメリカ大統領選挙の予測です。

 ま、下記のように、トランプが共和党の候補になればヒラリーの勝ち、トランプがなんらかの事情で降ろされたらヒラリーの負け、と予測してたんです。


ほかの予測は当たるんでないの。株価も含めてたいてい的中してるのよ。

 この予測、外れそうですね。トランプの勢いが凄いっすよ。既成選挙人のパワーが霞むほどの勢いでありまして、勢いに勝てるものはありません。

 ま、AIPACがトランプに付いた。機を見るに敏な下院議長がトランプに付いた。オバマにしても、どこの馬の骨かわからんい男が上院議員を途中で辞めてヒラリーとの予備選も制してホワイトハウス入りしたわけでね。ユダヤ票は大きいですよ。

 元もと、トランプをその気にさせたのはピル・クリントンですからね。トランプ相手なら勝てる、と踏んだんでしょう。中国マネーをふんだんに入れてもヒラリーは勝てない。

 ま、何があるかわからん世界ですけどね。ユダヤとカトリック。この票を取り込んだ人間が勝ちますよ。

 参院選挙も近づいているというのに盛り上がりませんなあ。野党があまりにも不人気。民進党? 連合が分裂してるようでは話になりませんな。そもそも、「同一労働同一賃金」「正規非正規の区別はナンセンス」なんてことは労働組合がアピールすべきアジェンダなんじゃないの。賃金アップまで安倍政権にお株を取られたら存在価値ありまへんわなあ。

 とにかく民主党時代にどん底の株価、お先真っ暗の経済運営、対中国、対アメリカとの絶望的関係、なにより消費税を導入し、世界的に不人気のTPPを推進した張本人が民主党の皆さんですからね。

 この連中に任せたら日本はまたまた地獄を見る、と有権者は見透かしているわけでね。


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「中高年がキレる理由」(榎本博明著・平凡社・821円)です。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2016年05月17日 (火)

出雲原原の二次会はいいよ!

 熱が下がってからフル回転。なにしろアポめちゃキャンセルしてたからね。連休中に脱稿する予定だった3冊もいまだ手つかず。ま、月内には1冊は終わらせますよ。けど、6月は紙も電子も新刊目白押し。いつ書いてたのかねえ。まったく記憶にありません。

 てことで、またまたアマゾンKindleがキャンペーンしてくれて1週間ほどベストテン入りしてたらしいっす。もうベスト100から外れちゃったけどね。




 忘れない中に言っておきますが、博多原原翌日(21日)に宇佐八幡宮・奥の院に参拝するメンバーは「ソニック5号(博多駅8:02発 宇佐駅9:46着」のチケ(片道)を買っておきましょう。よろしく。遅延もありそうですが運行はしてます。もち、気象庁の青木さんが発表している通り、大分でも震度5強の余震はあるかもしれませんので努々油断されることのないように・・・。

 さて、この土曜は出雲原原でした。勅使が来られる例大祭で混んでましたねえ。出雲原原は平均年齢が一番若いので元気一杯、けど礼節を弁えているメンバーばかりですよ。11月にはまたまた2日連続の講義と出雲ツアーやりますんで、ぜひご参加くださいね。


□出雲原原の講義内容(一部です)
◆まくら
1やらなければ地獄に落ちてる株価とアベクロミクス
2為替と株価の関係
3週間6円の円高。
4理論株価の早見計算はこうする
5終値16412円(5月13日)は理論株価通り
6外国人と国内個人は売り越し。
7もう売るタマはなくなっているはず!
8麻生VSルーの真相
9イエレン声明に注目すべし
10ルー財務長官の指摘は正論
11上場3500社中280社に振り回される株価
12日経平均株価を卒業せよ
13為替敏感株→為替鈍感株へ資金をシフトせよ
14日経平均株価半減。けど株価10倍の推奨セクターと銘柄
15パナマ文書のほんとうの狙い
16米国景気悪化でもドル高になる理由
17米国財政赤字、債券デリバティブ残高、世界金融資産総額
18選挙直前、安倍政権が仕掛けること
19解散総選挙8月説の理由
20投資家にとって16年は新しい風景が見える

 結局、まくらで1時間も話してしまいました。本講義は早回しでやるしかなかったっす。ごめんちゃい。

◆本講義(人をつくる、人を活かす、人を動かす 第2部)
1一流の経営者はアドラー哲学をマスターしている
2アドラー哲学の復習
3一歩進んだアルバート・エリスの心理学を活用しよう
4論理療法のエッセンス
5ネガティブ脳をポジティブ脳に入れ替えよ
6オペレーティングシステムを入れ替える
7事実よりも事実をどう解釈するかが重要
8人の上に立つ人の表現力
9事例研究松下幸之助--5%のコストダウンはできないが30%ならできる
10一瞬でモチベーションをあげる
11不可能が可能に変わる瞬間
12幸之助が目指したリーダーとは?
13北条泰時と明恵上人
14優秀な人財ほど「目に見えないモノ」に注目している
15カーネギーと幸之助
16大欲は無欲に似たり
17丸の内のお局たちを唸らせた「理想の上司」とは?
18マーガレット・パワーズ「足跡」
・・・。まだまだたくさん。パワポデータを添付しときましたので前回と合わせて復習しといてね。

 でもって、二次会は前回と同じとこ(「とんとん亭」)にしてもらいました。大正解! ここ好きだなあ。渋谷にもあったらなあ。ムリだわなあ。。高くても行くけど、二次会で30人はムリだわなあ。。。


辛い辛いモツ鍋。これに豆板醤を山ほど追加。あまりの辛さに食べるの私と歯科医のT先生だけでした。美味しいのに〜。

タコの唐揚げ。ぱりぱりっ。いくらでも入ります。

中身が明太子の手作り卵焼き。ご飯のおかずだよ〜。

毎度の名物メンチ。やんわりほんわか。肉屋が逃げるねこの味は。

ロースの豚カツ! 脂美味し。

 すべて食べ放題飲み放題。で、う〜ん。美味〜。あかん。太る。高熱で7〜8キロ落ちたのが出雲の一夜で戻りそう。
 前回は〆にラーメンまでたどり着いたんだけど、今回は全員ムリ。肉食べ過ぎっすよ〜。お酒はハイボール1杯半。


ランチも充実・・・カツ丼美味そう〜〜。食べにこよっと。来月もここでよろしくね。。。

 元気100倍。やっは高熱は疲労が原因だったんだろうね〜。もう若くないってことっす。ムリは禁物。出張減らそ! 来週金沢で講演なのよ。で、夜の宴会も翌日昼の食事会もキャンセルしました。残念だけどしょうがない。

 日本伝統文化研究会のイベントも絞ります。減らす分だけゴージャスなコンテンツを錬ってますからお楽しみに。

 さあ、明日から名古屋、大阪、博多の原理原則研究会です。とくに大阪原原では、メンバーから強いリクエストがありまして、ベストセラー『パナソニックV字回復の真実』著者である平川紀義さんの特別講義です。お楽しみに。。。

 なお、来週の東京原原はお知らせしたとおり、楽しくて、面白くて、涙涙の感動モノです。『口づけ』に続いて、今回は2人の天才コメディアン&ボードビリアンに登場して頂きます。いつも立ち見必至の売れっ子でして、外部から参加希望が殺到しとります(もち断ってますけど)。
 原原メンバーからもご家族の参加希望がいくつか来てます。で、ご家族とかご友人とか参加を認めたいと思います。椅子はなるべく用意してもらいますが、立ち見になるかもしれません。でも飽きません。

 メンバーによる招待参加はメルヘンよろしくね・・・。これからは大好きな大好きな噺家にも登場してもらおっと。「笑点」を超える名タイトル期待してます。


 さて今日のメルマガでご紹介する本は「君にさよならを言わない」(七月隆文著・宝島社・724円)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
スピリチュアル研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

この国のかたち、あの国のかたち。。。
[2016年05月26日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

9月10〜11日は世界一!新潟片貝の花火大会満喫ツアーがあります。
[2016年05月25日]
[中島孝志の原理原則研究会]

大阪原原レポ。ゲスト平川紀義さんの講義は30倍パワーアップしてました。。。
[2016年05月24日]
[中島孝志の原理原則研究会]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(29年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ピーピーぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は300冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年5月  

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!