カテゴリー:中島孝志のテレビっ子バンザイ!

2008年09月22日 (月)

「白夜行」

「おまえには子供がおる。その子供にちゃんと13階段上る背中見せえ。おまえ、自分と同じ子ぉ作る気か? 親を信じられん子を作る気か?」
「間違いだらけやったけど、おまえが精一杯やったんはオレが知っとる。1人の人間を幸せにするためにおまえは精一杯やった。おまえの子にオレがちゃんと言うたる。おまえに流れている血はほんまはそう言う血や。オレがちゃんと子供に言うたる」
「ほんまにすまんかった。あの日、おまえを捕まえてやれんで、ほんま、すまんかったのう」

 これ、クライマックスシーンね。刺された刑事と刺した容疑者との魂の対決場面。
 残念ながら、東野圭吾さんの原作にはこの部分はまったくありません。

 原作は刑事と2人の容疑者(桐原亮司&唐沢雪穂)との関係がめちゃクール。
 ドラマは熱い熱い。めちゃくちゃ熱い。というのも、武田鉄矢さん演じる笹垣刑事が2人を執拗に追いかけるけど、原作では最初の事件が発生した時と、後はラスト部分にしか登場しないもんね。

 ドラマと原作、どっちが面白い? はい、どちらも面白いっす。つうか、大きな筋は同じだけどディテールがかなり違う。だから別物としてそれぞれ楽しんだほうがお得・・・ですな。

 たとえば、ダンス部で雪穂の先輩だった篠塚一成が雇った私立探偵が雪穂と亮司の秘密に迫るんだけど行方不明になっちゃう。ドラマでは笹垣刑事に使われるんだけど、この青酸カリで殺されたのかも、という設定になってるわけね。

 探偵さんだけじゃなく、ドラマでは登場しない重要人物がかなり出てる(雪穂の実母の愛人? 実は・・・とか、雪穂の家庭教師とか)し、その逆もあるしぃ。

 ホント、かなり違うのよ。
 亮司の父親、雪穂の母親。それぞれの事件発生日時からして違うし、原作では、篠塚はダンス部の部長。父親は製薬会社社長ではなく専務。で、社長の息子である従兄と雪穂が再婚しちゃうし、そのあおりを食って左遷されちゃうし・・・。
 笹垣刑事の相棒の若い刑事は原作では大阪府警の捜査一課長で出世してるし殺されてないし・・・そのほか、たくさんあんの。

 なんだかんだいって、いちばん大きな違いは、ドラマでは「時効」をものすごく意識してる2人だけど、原作ではそんなことはありません。つうか、最初の事件はすでに時効だもん。2人が頻繁に連絡をとりあう場面も0。読者が想像するね。いわなくてもわかる相利共生の関係。亮司は雪穂に対する自分の使命を淡々と粛々と果たしていくわけさ。

 そうそう、亮司に子供はいないの。当然、クライマックスの叫びはありえない、ときた。

 そうですなあ、私はドラマのほうが少し好きかな。「愛情」なんて言葉では表現できない2人の生き様が強くイメージできるからかも。
 宿命とか運命とか因縁とか、そういうなんか大きなものに巻き込まれて、その通りにしか動けない「人間の業」みたいなものをドラマのほうが強烈に感じさせてくれるから・・・かも。

 そうそう、原作では素通りしてたのにドラマではあれっと感じたことがあんの。
 「インプリンティング効果」というものがあります。もち、これ、アヒルが生まれてすぐ、目の前で動くものを自分の親と勘違いしちゃうことから「刷り込み効果」と呼ばれるものだけど。幼い2人が幼いなりに恋をして、2人して強烈な事件の当事者となってしまう。この時、「彼を私が守らなきゃ」「彼女をボクが守らなきゃ」と頑なな使命感としてインプリンティングされることはあるわな・・・と思ったのね。

 あまりにも貧乏に育つと、貧乏なんてへっちゃうさと笑って過ごせる人と、猛烈に金銭に執着してしまう人が生まれますね。いずれも「人生哲学」なんだけど、これは幼い頃の「インブリンティング効果」が命令してることなのよ。
 だから、がりがり亡者はどんなに金持ちになろうと変わりません。どんなに持っていようと不安なのよ。持てば持つほど不安になり、疑心暗鬼になり、結果として、「財」しか信用しなくなってしまう。
 「三つ子の魂百まで」というでしょ。幼子の決心というのはそれほど強いんです。この心を解き放つのは一筋縄ではいきませんよ。なぜって、インプリンティングされちゃってるんだもの。

 まあ、そういう意味で原作とドラマそれぞれ別々に堪能できる作品です。いま、ちょうどTBSの深夜枠でドラマが再放送されてるからいいチャンス。まだ3合目くらいだからぜひチェックしてね。



コメント(1)  |  トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:
http://www.keymannet.co.jp/t1672

コメント:

投稿者:しいらん [URL]

検索エンジンからたまたま辿り着いたのですが、
引き込まれるように数日分一気に読ませていただきました。
勉強になります。
また寄らせていただきます。
ありがとうございました。

2008年09月23日 06:20

コメントフォーム:

お名前
メール
アドレス
URL
コメント
  
中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「通勤快読」を聴いてください。。。
[2018年04月21日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

虫の知らせ。
[2018年04月20日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」」
[2018年04月19日]
[中島孝志の不良映画日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2008年9月  >>

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!