カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2016年09月15日 (木)

「片貝花火と美味しい酒とへぎそばを堪能するツアー」のレポその2

この世をば わが世とぞ 思ふ 望月の 欠けたることも なしと思はば

名月を とってくれろと 泣く子かな

中秋名月ですな。天気が気になるとこですが、明晩のほうが満月に近いらしっす。

 今年もまた盆が終わり、来年になるとまた盆がやってきます。
 不思議ですな、日本人は。。。葬式は仏教、結婚式とクリスマスはキリスト教、初詣となると神道。。。にわか信者になってしまうわけでね。

 気づかずにケースバイケースで受け容れてしまう処に、われわれのいい加減さと、融通無碍、無為自然の心根を感じてしまいますね。

 いずれ原原で突っ込んでお話ししますけど、インド仏教ならば六道輪廻ですから、人は死んだら49日後には天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道のいずれかに生まれ変わってるはずでしてね。

 つまり、盆にお祀りしようたって、そこに魂はないわけでね。結果、インド仏教では骨なんぞ重要視しないわけで。


参道、境内は屋台でいっぱい。花火客は何日も前から場所とってるんだろな。

家々に掲げられてます。

 ミャンマーの人、タイの人と話すと面白いですな。
 坊さんが結婚してる? そんなバカな! こんなんはいつものことですけど。
 蚊がいれば蚊取り線香もちだすか、刺されそうならパシッと叩いて殺そうとしますよね。日本人でなくても当たり前っすよ。けど、彼ら、ちがうのよね。

 「その蚊、あなたの亡くなったご先祖かもしれませんよ」
 「まさかぁ・・・」

 腕刺されてるつうのにそのまんま。蚊はたっぷり血を吸って飛んできます。


打ち上げ前のアナウンスも手作り感いっぱい。地域に根付いたイベントなんだなぁ。観光客はあくまでも「ついで」。これがいいよね。

 ミャンマーにはパゴダ(ゼディー。タイのプラ・プラーン)がそこかしこにあります。仏塔(ストゥーパ)のことで仏舎利とか法舎利ですね。上座部仏教徒は敬虔に祀りますね。靴とか靴下はちゃんと脱いでおまいりする。



 で、彼らは葬儀でもご遺体を焼き場に運んだらさっさと帰ります。日本人のように骨になるまで待つことなんてしません。ましてや骨を拾うこともしません。

 肉体はこの世を生きるための「借り物」にすぎないからですね。大切なのは「魂」。魂が乗ってる乗り物。肉体はそれだけのこと。

 死とはなにか? 肉体から魂が分離する状態のことです。わかりやすい言うとね、「抜け殻」つう言葉あるでしょ。ボーっとしてる状態。これ、一時的に魂が肉体から抜けてる状態のことを言うんです。驚いて腰を抜かした時なんかそうですよ。だから「たまげた=魂消た」と書くんですね。

 ま、「抜け殻」だからもう一度魂が入れば蘇るわけでね。これが永遠に入らない状態。つまり、肉体と魂が永遠に分離した場合、「死」というわけです。こうなりますと、「抜け殻」ではなく「亡骸(なきがら)」となるわけでね。似てますがぜんぜんちゃいますわな。もう魂が戻らないんですからね。



 天武天皇の「殯(もがり)」なんて2年以上もありましたけど、魂が肉体に戻るのではないか、という期待があったわけでね(また、急に亡くなりますと陵が間に合わないという現実的な問題もあるわけでね)。
 早い話が「通夜」のことですわな。本葬するまで長期間、棺に遺体を仮安置して、別れを惜しみつつ、死者の「魂(霊魂)」を畏れつつ、慰めつつ、蘇り(復活)を願いつつ、「ああ、戻らないんだ」と肉体の白骨化等々の物理的変化を確認する、というプロセスのことですわな。

 北九州の門司にミャンマー式の正統なパゴダがありますよね。
 
 肉体と魂はちがいます。だから、心身一如を理想としてるわけです。

 死ねば肉体は必要なし。肉体の構造物たる骨も不要。となれば、骨の収容装置たる墓も不要。だから、インドでは遺体を焼いてガンジス川に流すわけでね。貧乏人はミディアム・レアで流しちゃうわけで。


カメラはMさんとTさん。「花火は生き物だから難しい」「コツを呑み込んだから来年はばっちし」とのこと。期待してまっせ。

私は動画撮影。メーリングリストで送りましたから堪能してね。

動画がいいかも。生き物だからね。削りに削っても25分たっぷり。ま、各原原でご覧頂きましょう。

 魂は49日後にどこかに生まれ変わってるのに、盆になるといちいち「迎え火」「送り火」をたいてご先祖様を祀るのが日本人なわけでね。

 あちらの世界からこちらの世界へ、またあちらの世界へと南欧福もされられるご先祖様はめちゃ超多忙だと思いますね。

 まあ、日本仏教は中国、百済経由で伝わり、大発展を遂げてきたわけでして。日本人の精神、文化、風土によって様変わりするのは当然のことですよね。

 「山川草木悉皆成仏」となればタイやミャンマーの「蚊」も仏性がある仲間ですわな。アニミズムとバカにすることなかれ。アニミズムを軽んじ、キリスト教に改宗させて「まともな人間」にしようと、原住民を殺しまくった欧米が優れているわけではありませんもんね。

 ご先祖様はすぐそばにいる。盆になるとお山から降りてくる。風と一緒にね。そして煙と一緒に戻っていく。線香は依代であるご位牌めざしてお戻り頂くための「目印」ですわな。ご位牌のことを神主とか木主というでしょ。マーキングなのよ、あれ。

 人は心臓が止まった時に死にます。そして人々のメモリーから消えた時にもう一度死にます。



 「おとうさん、おかあさんありがとう」
 「少ない時間だたけどあなたと過ごせて幸せでした。ありがとね」

 片貝の花火は「忘れてないよ」と亡き人に真心のメッセージを伝える祭祀ではないでしょうかね。

 新潟原原。今回は講義無し。去年か一昨年も一泊合宿研修をしましてね。脱穀、餅つき、紙漉なども堪能しまして、朝、2時間講義したんすけど、今回は無し。

 花火を見て「なにか」を感じ取る。そのほうがずっと価値がある、と思うな。
 片貝の花火は神事ですわな。神社の境内で打ち上げますけど、元もとは片貝町民による「精霊花火」なんだろね。



 いまや、慶事もたくさん。

 「生まれてきてくれてありがとう。可愛い笑顔でジジババの寿命ものびてます」
 「結婚おめでとう」
 
 こんなお祝いのメッセージが込められた花火もたくさん打ち上げられてます。

 「来年は原原で花火打ち上げましょう」とH先生。ま、それもいいけど。募金はじめなあかんわな。つもり貯金でもするかいな。

 片貝では企業はもちろん、家族親戚、同窓会、飲み屋とそのお客さんがこの花火のためにお金使うわけでね。一瞬で消えるモノですけど、記憶にはしかと残る。瞼に焼き付いて離れない。いいお金の使い方してますな。

 先祖供養(=孝)は最高の教育ですもんね。孔子だわな。]


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「異常気象が変えた人類の歴史 後編」(田家康著・日本経済新聞出版社・918円)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

最悪の危機こそ政権浮上のチャンス!
[2017年08月22日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

バノン辞任(失脚)でトランプ政権は強くなる!
[2017年08月21日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

来週末は「ぴよこちゃん倶楽部」ですよーー!
[2017年08月20日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年9月  >>

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


フジテレビ・関西テレビ超人気番組『ザ・ノンフィクション--ホストの前に人間やろ!』シリーズでお馴染み。伝説のホストクラブ経営者とのコラボです。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

ユダヤ資本が熱烈信頼する投資アドバイザーは日本人だった!ハーバード大学基金はこうして資産を4兆円に膨らませた!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!