カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2018年06月29日 (金)

通勤快読はこんな感じです。。。

 今日の「通勤快読」でご紹介する本は「やっぱ志ん生だな!」(ビートたけし著・1,512円・フィルムアート社)です。

 ちょっとだけオープンにしてみましょ。

 今日は長くなりますよ。けど、おもしろいからあっという間。

 最初にいっておきますけど、「聴く!通勤快読」と「読む!通勤快読」は中身が違います。
 当たり前です。しゃべってるコンテンツと書いてるコンテンツが同じわけがありません。危ない話など残せませんから。しゃべっちまったもんはいちいち削除しませんが、文章にする時にはカットします。やばくて。やばい話も知りたい方はどうぞ「聴く!通勤快読」で楽しんでください。

 さて、「志ん生を今に蘇らすにはビートたけししかいない。噺家には絶対書けない志ん生。」(笑福亭鶴瓶)だとか。
 といっても、志ん生なんて知らない人ばかりでしょ。落語好きでも、生では聴いたこともない、という人ばかりでしょうね。
 
 私? 知りません。息子の志ん朝だってギリですもの。弟子筋、たとえば、亡くなった志ん五さんとか志ん駒さんからはかなり話を聴いてます。志ん駒さんからは幼なじみの蜷川幸雄さんの話まで聴いてます。
 
 そういえば、志ん五さんの独演会が時事通信社ビルであったのね。そのときのゲストが談志さん。まくらは放送禁止用語連発でしたよ。北朝鮮の話もしてました。あの後、亡くなられたわけでね。驚きました。

 志ん生が漏らした後の始末はたいてい志ん五さん、志ん駒さんがしてたらしいね。
 口だけは最後まで達者。さすが噺家ですよ。そうでなけりゃ。

 さて、たけしさんがもっとも敬愛する落語家が5代目古今亭志ん生。戦後の東京落語界を代表、「天衣無縫」とも言われた芸風で愛されました。

 なぜこんなにも人の心を掴んだのか。



 「志ん生さんに勝ってる落語家っていまだに見たことがないんだよ。芸人全般を見渡したって皆無なんじゃないか。本人の努力もあるんだろうけど、でもどこか突然変異のように現れて、困ったことにいまだに現代の人間に挑んでくるんだよ」

 イメージが落語でも漫才でもプレゼンでもいちばんのキモですよ。

 落語は下半身が消えてます、というよりあまり動きがありません。喬太郎さんの「母恋クラゲ」くらいでしょうか。「反対車」もそうかな。
 落語ですと、映画みたいに上半身だけのカットバックができるんです。頭を左右に振るだけで「八っつぁん」「ご隠居さん」っていう区別ができますから。

 「赤穂浪士は300人近くいた。討ち入りに参加したのは47人。250人くらいは逃げちゃった。落語はこの逃げちゃったほうのヤツらが主人公なんだ」

 これ、談志さんの言葉。



 ホントは漫才ではなく落語の世界に行くべきでした。けど、あの前座、二つ目、真打ちという階級社会は息苦しかったかも。結果、「第2の三平」は生まれなかったね。

 「あの程度の漫才であんないいクルマに乗れるんだったら、漫才やってみようかな」
 「オイラが漫才を始めた頃から、本場の大阪へ行くと、漫才でも靴で舞台に出られるようになった」

 そんな漫才にしても、東京の寄席は時代に置いてかれました。それを、「山のアナアナ」で爆笑をとった歌奴。のちの圓歌師匠。落語協会会長が落語ブームをつくります。談志、志ん朝が売れに売れて東京落語が盛り返してきたわけ。

 とくに立川流は寄席に頼らず、というよりも頼れない、だから落語家自身の魅力で客を集め、寄席に出られませんからホール落語で生きるしかない。いま、志の輔さんや談春さん、志らくさんの切符が取れない。

 参考までに、私、志らくさんの落語大嫌いですけど。

 談志さん行きつけのバー「美弥」にもよく行きました。談志さんのスポンサーの1人に連れてってもらったから。客筋がなかなかいいですよ。談志さんとか圓生の物真似なんか巧い客ばかりでしたね。

 「落語っていうのはネタがどうこうよりも、結局、『誰が話すか』のほうが重要なんだよ」
 たけしさんが談志さんと飲んだ帰りの車の中でこんなこと言ったのを、談春さんがしっかり覚えてるの。

 ここらへんで4割くらいかな。これ以上は有料メンバーに悪いんでやめときます。「通勤快読」てのは、たんなる書評ではありません。刺激されて浮かんだ連想とか妄想を天衣無縫に語ったものなんです。経済、投資の本でもそう。ぜひ1か月間だけでも聴いてみてね。。。

 ブログ左右のサイトをクリックしてちょ。バックナンバーも聴き放題ですから、めちゃお得です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

東京原原打ち上げのご報告その1。。。
[2018年07月18日]
[中島孝志の原理原則研究会]

原理原則研究会の本家本元。いよいよ第18期が始まります。新メンバーを熱烈募集します。
[2018年07月17日]
[中島孝志の原理原則研究会]

「銘柄研」のデータも送りました。
[2018年07月16日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年6月  >>

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!