カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2020年01月02日 (木)

公開!「見る!読む!通勤快読」です。

 本日の「通勤快読」を公開します。お休みは土日と祝祭日そして2/28の公休日のみ。平日毎日更新してます。よーやりまんなー。
 まあ、こんな感じなんですよ。「聴く!通勤快読」は私が吹きこんでますけどね。「読む・見る」のほうはデータとか写真がいろいろ。どちらを選ぶかはあなた次第です。参考までに、もともと「聴く!」サービスしかありませんでしから、こちらのほうが圧倒的に多いですけどね。料金は同じです。

・・・・・・・・引用・・・・・・・・・・
 「年寄嗤うな、明日の自分。最初で最後、最強の人生論!」
 青年、中年からやがて老年へ。人生100年時代にあっても、「老い」は誰にとっても最初にして最後の道行きなのだ。
 自分の居場所を見定めながら、社会の中でどう自らを律すればいいのか。周囲との付き合い方から孤独との向き合い方、いつか訪れる最期を意識しての心の構えまで――85歳を迎えた巨匠・筒井康隆が書き下ろす、斬新にして痛快、リアルな知恵にあふれた最強の老年論!・・・なんだと。



「昼間っからずっと酔っぱらい。脳に1枚薄い膜がかかっているようでMRI検査をすると脳はそれなりに委縮。海馬は立派なものだと言われて一安心」(3頁)

 記憶力はまだ大丈夫、ということですね。作家商売では大切な部分ですよ。創造力、想像力。この源泉が記憶力ですから。



『敵』という長編が出版されたとき、数学者の森毅さんと対談。で、刺激的な話を頂戴します。

「30歳までは学習の時代、60歳までは労働の時代。それ以降は収穫の時代。そして『人生忠臣蔵』説なるものを展開、すなわち、11の自乗は121歳。それが寿命。
 まずは1段目は1x1で1歳。2段目は2x2で4歳」(13-15頁)

 そうなりますと3x3が9歳で小学3年生。
 4x4で16歳までの青春期。
 5段目は「お軽と勘平」のドラマですよね。5x5=25歳で青春期のピーク。
 6x6=36歳までが自分のスタイルを作る時代。
 7段目は「祇園一力茶屋の場面」ですから7x7=49歳。壮年期ですよね。

 8x8=64歳までは、事件や不始末があった時に頭を下げる役。そういう役回りがありますね。
 9段目は「山科閑居の場」。9x9=81歳というシルバーの時代です。男の平均寿命がそんなものでしょう。認知症とかなんらかの事故にでも遭っていなければ、自分でなんでもできる年寄りです。

 さて10段目以降はなにか? 「余録」つまり「おまけ」とのこと。たしかに「おまけ」ですね。

 なにもできなくなる。動物なら自然と死にます。けど医療がこれほど発達してしまったわが国では、死ねません。インドのジャイナ教徒なら餓死を選択するかもしれません。

 ひたすら「死」を待つなんてつまらない。老人の共同体、たとえば、老人会だとかホーム主催の○○会といった「つくられた老人社会」ではなく、さまざまな人たちとの社会とつながる現役感覚を満喫しなくちゃ。

 ボランティア。

 される側ではなくする側。なんと幸福でしょう。される側が悲惨でどうしようもない存在というわけではありませんよ。しかし、「する側にいる」ということはある意味、特権でしょうね。

 金で介護保険を買うのもいいですが、「これだけ介護した」というボランティアの積立として介護の権利を勝ち取りたい。日本の年寄りは金持ちというより元気なんですからそういう制度があってもいい。

 老人は病院に通って医療費を浪費。呑まないクスリをやまほどもらって帰る。
 元気なうちは動いたらいいんです。動けなくなれば病院にも来られません。





 著者が『敵』を書いたとき、「63歳」という年齢も「老人」という自覚もなかったそうです。ですから「75歳」という設定にしたそうですが、ある時、中村真一郎さんにこんなことを言われます。

「筒井君、人間は70を過ぎると途端にガクンと体力が落ちてしまいます。あなたはまだ60になったばかり。とても想像はつかないと思います。主人公を75歳にしたのなら、80歳の老人のつもりで書いたほうがいい。いや、85歳でもいい」(24-25頁)

 老化というのは少しずつ近づいてくるわけではなく、突然の出来事。「ああ年取ったなー」と気づいた時にはすでに老境というわけです。





『わたしのグランパ』は発表4年目に東映で映画化されたそうですね。
 主演の五代謙三役は菅原文太さん。珠子役は映画初出身の石原さとみさん。

 文太さんは14年、肝癌による肝不全で永眠。享年81歳。『仁義なき戦い』『トラック野郎』の大ファンでしたからね。よーーく観てました。

 山田洋次監督『東京家族』に出演されることになってましたが、クランクイン直前に東日本大震災。「映画を撮ってる時じゃない」と降板してしまいました。被災地仙台の出身ですからね。

「交通事故で1人息子を亡くしている。70歳近くだったからずいぶんつらかっただろう。たいていの老人にとって伴侶さえいれば孤独ではないし、社会的な孤独にも耐えることができる」(105頁)

 70歳近くでなくてもつらいですよ。70歳なら逆に、近いうちに会えるさ、と思えるかもしれません。奥様にもパーティで同じテーブルでお話したことがありますが、そうだったんですね。

「どうしてそんなに仲がいいんですか? わたしども夫婦は顔を合わせれば口喧嘩だし、まして一緒に外出したことなんか一度もありません いつも一緒という夫婦は見たことがありません」

 某一流ホテルの日本料理店店主にいわれたそうです。
 
 皆さん、どうですか? 奥様、ご主人、ご家族とご一緒にお出かけされてますか? 「定年後、うちの宿六が付いてきて困るのよ」なーんて言われてませんか?
 いやいや、定年と同時に離婚してください、とか、離婚とは言わないけど、もう一緒には住みませんから、と別居されちゃったとか、ありませんよね。

 老後の夫婦ってのは、若いうちからどういう関係を築いてきたかで決まります。


リチャード・ギアさん70歳、奥様36歳。こんな嫁はんならいくらでも愚痴ききまんがな。

 そうそう、ギアさんはダライ・ラマ14世の熱心な信者で、「中国のチベット民族迫害はナチスに等しい」と激しく非難してきました。おかげで中国入国禁止。中国の圧力でハリウッドからも干されちゃった。ハリウッドも落ちたもんです。

 そんなギアさん曰く、「妻の愚痴に付き合いなさい。とことん聞いてやりなさい。その時に、こうしたらいいとか、自分ならどうするとか言った、自分の意見は絶対言わないように」(106頁)

 名言ですね・・・できませんけど。 

 今日の「通勤快読」は 『老人の美学』(筒井康隆著・770円・新潮社) です。とてもいい本です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「博多原理原則研究会(2021年度=第10期)」の新入生を熱烈募集します。
[2020年12月05日]
[中島孝志の原理原則研究会]

さー今日から「GoToNiigata」イベントです。
[2020年12月04日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

出たー! クラスター!
[2020年12月03日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]






プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、超大手金融機関等の広報誌から宗教団体機関誌などの連載を30年続ける。
■著訳書は500冊(電子書籍120冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『中島孝志の実戦!社長塾 社長しかできない、だから社長をやる!』

『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!