カテゴリー:中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王

2007年01月31日 (水)

「歌は心でうたうもの」 船村徹著 日本経済新聞社 1890円

♪泣けた 泣けた こらえきれずに 泣けたっけ♪

「高野君、ずいぶん泣くんだねぇ」
「はい、そうです」

♪遠い 遠い 想い出しても 遠い空♪

「高野君、たしか君、茨城の笠間だよな」
「そうです」
「オレは群馬県だけど、オレんちの方が遠いよ」
「・・・自分の心の中の故郷は、本当に遠いんです」
「ごめんな。そうだよな、うん、遠いな。そのうち近くなるよ。がんばれよ」

 これ、キングレコードのレッスン室での一こま。高野とは作詞家の高野公男さんのこと。からかってるのは、キングのチーフディレクターの掛川さん。
 で、一緒にいたのが本書の著者、というよりも作曲家の船村徹さん。

♪泣けた泣けた、遠い遠い♪ってのは?
 そうです、船村・高野コンビを世に知らしめた名曲「別れの一本杉」の詩の一節ですね。
 昭和30年の発表ですよ。
 帰りたくても帰れない故郷。郷愁の念、望郷の念、帰れないからよけいに恋しくなるんだよねぇ。そんな心象風景を歌にしたわけ。

 当時は集団就職という言葉がありましたよね。
 「金の卵」と呼ばれてさ。なんのことはない。安月給で使われてるわけ。大手企業とかじゃないよ。社長1人、従業員1人くらいの小さな町工場とかがほとんど。
 で、東北から上野駅まで子どもたちが列車でやってくる。みな、就職先の社長さんとかその奥さんとかが駅まで出迎えてくれるわけ。
 希望に溢れて上京すんだけど、現実は厳しいよ。学歴もないし田舎者だし、出世なんかできるわけがない。だから、辞めちゃう子も多かったと思うんだよ。
 社会人たって、中身は15〜6歳になったばかりの子どもなんだからさ。やっぱ親が恋しいよねぇ。けど、半分、口減らしみたいだもん。盆と正月に帰れればいいほうさ。仕送りもしなくちゃいけないし。帰るときは土産とかお金とか持って帰りたいの。そして、誉めてもらいたいんだ。子どもって、親に誉められるのがいちばん嬉しいんだよ。

 うちじゃ、貧乏人のくせに田舎の子どもたちを預かってたんだよね。小学4年までいつもだれかしらいたなぁ。狭い部屋で3人くらい寝るんだよ。雑魚寝ってヤツ? 私? 隅っこで寝てた。

 この前、たまたま夏休みの絵日記とか出てきてね、どうも、みな、私につき合わされてカブト虫とかクワガタを捕りに行くの嫌がってんのが見え見えなんだよね。「もう帰ろう、帰ろう」って何回も言ってるわけ。けど、ぜんぜん気づかないでさ、あっちにいる、こっちにいるって引きずりまわしてんだよなぁ。せっかくの休みに悪ガキのお守りじゃね。悪いことしたな。

 下宿屋じゃないから食費とか一切とらないの。もらった給料全部おふくろに預けるでしょ。で、所帯を持って家を出るとき、貯金通帳を渡すんだよね。全額きちんと貯金されてるんでびっくりしたらしいよ(おふくろの葬式で聞かされた話だけどさ)。
 いま、親戚の家ででかい顔できるのも両親のおかげなんだよね。

 日本も貧しかったけど、国民も貧しかった。「三丁目の夕日」の世界だもん。あれ、昭和33〜4年だからね。
♪泣けた 泣けた、遠い 遠い♪って、いま、共感できる人って少ないかもしれないね。日本も国民も豊かになったからかな?

 船村さんと高野さんの出会いは東洋音楽学校(いまの東京音大)なのね。
 高野さんは声楽科、船村さんはピアノ科。船村さんが音大にしたのは、ギターやトランペットをやってたから。けど、ピアノはぜんぜん弾けない。「だから、習いに来たんです」って、まぁ、正論だけどね。
 1級上の黒柳徹子さんの伴奏ではずいぶん叱られたらしいよ。

 栃木訛りがコンプレックスでね。授業で意見発表ができなかった。
 ある日、授業中に「ベートーベンはさぁ」なんて東京弁で言ってるのを聞いてキレちゃった。
「チクコケ、コノ!」って。栃木弁で「痴句(バカなこと)こけ、この」ということらしいんだけど、教室は一瞬シーン。ドイツ語と思われたらしい。
 爆笑でね。授業が終わるまで恥ずかしくて机に突っ伏してた。

 屋上でガックリ来てると、「おめぇ、栃木のどこだぇ?」と聞いてくるヤツがいる。
「おら、茨城の笠間だっぺ」
 それが高野公男さんとの出会い。

 1年後、高野さんが「学校をやめる」と言い出しちゃう。
「音楽より文学。茨城の生んだ野口雨情先生のような詩人になりたい。おまえも焼け野原で働く大衆のための歌を作れ」

 で、船村さんは流しの仕事すんのよ。「こんなに!」って思うほどお金をもらうけど、親分に全額差し出して少しだけもらう。
 高野さんは新宿のキャバレーでボーイやったりしてね。
 2人にあったのは、野心と根拠のない自信だけ。若いってのは、そういうものだろうね。

 作品を持ってレコード会社に出かけます。「高野公男作詞、船村徹作曲」たって、知っているのは2人だけ。親も知らない。

 この時、21歳なんだけど、船村さんがどれくらい曲をストックしていたか?
 2000曲ですよ。2000曲。
 すごいと思うでしょ? けど、この人、新聞とかで痛ましい事件があったりすると、「曲日記」を付けるわけ。文章じゃなくて、五線譜で表現する。だから、溜まりに溜まって2000曲。

 「別れの一本杉」ができたのはいいけど、その頃から高野さんの顔色がろうそくみたいに白くなって咳(せき)が止まらない。そして、喀血。
 年が明けて「別れの一本杉」が映画になった。それくらいヒットしたんだよ。
 この歌、高野さんの人生そのものだからね。別れざるをえなかった恋人役に雪代敬子さん(映画の関係で大阪で会ったことありますよ。関テレの白雪劇場にも出てたなぁ)。
「封切りになったら、車イスを押してやるから見に行こうや」

 けど、封切り前に医師に呼ばれるわけ。
「長くて1週間。立派なお葬式を出してやったほうがいいね。しかし、ここまで放っておいて親友といえるのかね?」
 この一言は効きました。ずっと船村さんのトラウマとして残ります。
 好きで放っておいたわけじゃない。1日1食も食べられない生活の中、曲を作り詩を作ってた。夢だけを食べて生きてた。
 その言葉通り、高野さんは1週間後に26歳で亡くなります。あの屋上で出会ってから7年という月日が過ぎてました。

 それから船村さんは4500曲も書きます。名曲が多いよ。
 たとえば、次の歌なんかどっかで聞いたことあんじゃない?
・あの娘が泣いてる波止場(三橋美智也)
・王将(村田英雄)
・兄弟船(鳥羽一郎)
・ダイナマイトが百五十屯(小林旭)
・東京だよおっ母さん(島倉千代子)
・なみだ船(北島三郎)
・みだれ髪(美空ひばり)
・矢切の渡し(細川たかし)
・哀愁波止場(美空ひばり)

 だけど、やっぱりこれがいちばんかな。
「別れの一本杉(春日八郎)」

♪泣けた泣けた
 こらえきれずに泣けたっけ
 あの娘と別れた哀しさに
 山のかけすも鳴いていた
 一本杉の
 石の地蔵さんのよ 村はずれ♪

♪遠い遠い 想い出しても遠い空
 必ず東京へついたなら
 便りおくれと云った娘の
 りんごのような
 赤い頬っぺたのよ あの泪♪

♪呼んで呼んで そっと月夜にゃ呼んでみた
 嫁にもゆかずにこの俺の
 帰りひたすら待っている
 あの娘はいくつ
 とうに二十はよ 過ぎたろに♪
 
 いい詩だなぁ・・・。

コメント(0)  |  トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL:
http://www.keymannet.co.jp/t1063

コメント:

コメントフォーム:

お名前
メール
アドレス
URL
コメント
  
中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

宝塚星組公演『鎌足 夢のまほろば、大和し美し』
[2019年05月24日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

今日は大阪原原です。
[2019年05月23日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

宝塚歌劇月組『夢現無双-吉川英治原作「宮本武蔵」より-』『レビュー・エキゾチカ クルンテープ天使の都』
[2019年05月22日]
[中島孝志の落語・演劇・タカラヅカ万歳!]

今日の通勤快読は
らんちう 後編 (赤松利市)
です。

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!