カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2020年08月31日 (月)

次期首相レース、各馬ゲートイン完了!

■忘れないうちに(その1)・・・深夜零時 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。



 タイトルは 『安倍首相電撃辞任?「健康問題」は表向き?真因は「習近平」と「トランプ」にある!次期首相は媚中派?媚米派?わが国のターニングポイントだ!』 です。メディアが知らない、書けない、伝えられない「真相」です。ご確認ください。

■忘れないうちに(その2)・・・「中島孝志のインテリジェンス!時事放談(ニコニコ動画)をオールアップしています。テーマは豪華2本立て。
1株価も金銀価格もすべてジャクソンホール次第!
2トランプの逆鱗に触れた中国代理人!ARM社売却で命拾い?




■忘れないうちに(その3)・・・ 「Zoomオンラインサロン!中島孝志の100(ワンハンドレッド)倶楽部」 では9月にオプション企画として「オン・オフサイトミーティング」を開催します。


特別オプション企画です。会員の皆様も新たにお申込ください。



■参加資格:「ワンハンドレッド倶楽部」「どん底メルマガ」現役会員のみ。
■会員参加費:特別価格11000円(税込)=会場参加もZoom参加も同一料金です。
■非会員参加費:55000円(税込)=同上。

■申込先:参加希望者は「9/26ミーティング参加希望」と記し、お名前をご記入の上、次のメアドにご返信ください。
nakajima@keymannet.co.jp
■申込後のご連絡:お申込頂いた皆様方には「会場名と住所」「(Zoomアクセスの)URL」「事前振込先」をメールでお知らせします。
■Zoom初体験・苦手な方でも大丈夫。メールでご相談ください。わかりやすく誘導申し上げます。
■募集期間:9/1(火)-9/18(金)Zoom配信先登録のため〆切厳守とさせて頂きます。

 楽しい講義、役立つ講義、実戦的な講義です! ご期待くださいませ。

 「出馬」とはよく言ったもんですね。未来の首相を馬にたとえるのもなんだかなー、と思いますけど。レースだもんしょうがない。競艇とか競輪にたとえてもねー。

 かつて安倍首相より党員選挙では得票が多かった石破さんがさっそく出馬表明。「石破総裁を楽しみにしている人が多い」とか言ってましたけど、8年前の党員選挙でしょ。進歩の無い、というか劣化してるオヤジをまだ担ぎますかね。「石破にならなくて良かったなー」と投票した党員本人がホッとしとるんちゃう?

 でだ。岸田政調会長、菅官房長官、河野太郎防衛大臣・・・その他にもいろいいるんでしょうけど。詳しくは明後日の「経済教室メルマガ」でお知らせしますけど、だれか忘れてやしませんか、つうねん。



「そうだってねえ。次郎長にゃいい子分がいるかい」
「いるかいどころの話じゃねえよ。1000人近く子分がいる。その中でも貸元をつとめて、人様から親分兄貴と言われる人が28人。これを唱えて清水の28人衆。この28人衆には次郎長ぐらい偉いのがまだ5-6人いるからね」
「いってえだれでえ?」
「清水一家で強いと言えば、1に大政、2に小政、3に大瀬半五郎、4に増川仙右衛門・・・」
「さっきから聞いてりゃ調子に乗りやがって。寿司も酒もあらかた呑みがって。おめえあんまり詳しくねえな。次郎長の子分で肝心なのを1人忘れてやしませんか、ってんだ。船が伏見に着くまでに胸に手え当ててよ〜く考えておくれよ。もっと強いのがいるでしょうが。特別強いのが」
「どう考えたって、清水一家で強えと言やあ、大政、小政、大瀬半五郎、遠州森のい・・・」
「ん?」
「大政、小政、大瀬半五郎、遠州森のい・・・。客人すまねぇ。いの一番に言わなきゃならねえ、清水一家で一番強えのを1人忘れていたよ」
「だれでえその一番強えってえのは? ちょっと待て。この酒ね、話によっちゃもっと呑ませちゃう。寿司だってどんどんくいねえ。だれでえその一番強えのは?」
「こりゃあ強え。大政だって小政だってかなわねえ。清水一家で離れて強え。遠州森の生まれだ!」
「へえ。そこのとこも少し聞かせてくれや。誰が一番強えって?」
「こりゃあ強え。遠州森の福田屋という宿屋の倅だ!」
「なるほど!」
「森の石松ってんだい。これが一番強えやい!」
「呑みねえ呑みねえ、寿司食いねえ、もっとこっちへ寄んねえ。江戸っ子だってねえ」
「神田の生まれよ」
「そうだってなあ。そんなに石松ってのは強えかい?」
「強えかいなんてもんじゃないよ。だけど、あいつはバカだからね」

 ご存じ、広沢虎造「石松三十石船」の名シーン。

 だれか1人忘れてはいませんか? 安倍政権で一番強い! バカかも知れんけど。
 自民党員、自民党の代議士そして両院国会議員で選ぶ? ちがうでしょ。トランプ相手に負けない貫禄・・・「あんた。そりゃノーだね」と葉巻をくゆらしながら足を組んで言える政治家じゃないと。

 かつての宮澤喜一みたいに、クリントンレベルから怒鳴られて国益を引っ込めちゃう小者じゃあかんのよ。相手は習近平、プーチンそしてトランプと五寸で戦える人物じゃないとね。政治家のセンセ方、メディア以上に内向きの連中ばかりだからわかっとるんかいな。

 さて、今回の「通勤快読」でご紹介する本は 『中国人は見ている。後編』(中島恵著・935円・日本経済新聞出版社) です。とてもいい本です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

「博多原理原則研究会(2021年度=第10期)」の新入生を熱烈募集します。
[2020年12月05日]
[中島孝志の原理原則研究会]

さー今日から「GoToNiigata」イベントです。
[2020年12月04日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

出たー! クラスター!
[2020年12月03日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]






プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、超大手金融機関等の広報誌から宗教団体機関誌などの連載を30年続ける。
■著訳書は500冊(電子書籍120冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『中島孝志の実戦!社長塾 社長しかできない、だから社長をやる!』

『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!